当サイト使用テーマ:「SWELL」をみてみる>> Click

『ループ電気おすすめするけど、本当に安いの?!』(Looopでんき)評判・デメリットまとめ

こんな方にお役に立てる記事
  • 電気代を安くしたい方
  • 電力会社を変更したい方
  • Looopでんきを利用したい方
  • Looopでんきがどんな会社か知りたい
  • 評判、口コミ、メリット、デメリットが知りたい

電力会社を変更したい・検討している方は「電気代が安くなる」「他のサイトでも新電力会社のおすすめによく見かける」 Looopでんきという電力会社

Looopでんきってどんな電力会社なのか」口コミをまとめたメリット・デメリット、さらには他のサイトでは見れない『独自目線』で、こんな方におすすめできるポイントをご紹介していきます。

早く教えて
この記事の結論
  • Looopでんきは基本料金がなく従量料金が安い
  • 数少ないオール電化プランを提供している
  • 電気代が安い電力会社ランキング上位多数
  • 支払い方法が一つ、独自のポイントがない
  • 情報漏洩の強化が今後の課題

  • 電気工事士歴10年以上
  • 年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績
  • 電力会社を変更して年間1万円以上の電気代の削減成功
  • 節電・節約方法を活用して、さらに年間1万円以上の固定費削減にも成功
筆者の情報
コバッチ

運営者プロフィール・Twitter(@cobacchi_blog

記事の内容

Looopでんき(ループ電気)とは??

引用 公式HP

Looopでんき(ループ電気)は、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生した新電力会社になります。

自然エネルギーから発電した電力小売業「Looopでんき」を開始、2021年Looopでんき契約者数30万件突破している電力会社で勢いのある企業。

簡単に基本情報をまとめてみました。

【Looopでんきの基本情報】
供給エリア日本全国に対応
初期費用・解約金・契約縛りすべて0円(無料)
支払い方法クレジットカード払いのみ
開通までにかかる日数半月~1か月
申し込みにかかる時間5分~15分
料金プランおうちプラン
(家庭向け)
スマートタイムプラン
(オール電化向け)
再エネどんどん割
(北海道限定)
ビジネスプラン
(法人向け)
動力プラン
(法人向け)
公式HPLooopでんき公式HP

Looopでんき(ループ電気) 評判や口コミをまとめたメリット5選

Looopでんきの実際の評判や口コミを、すべて見ていくと大変なので、評判や口コミをまとめたメリットを”現役電気工事士の目線”から特にメリットを感じたもの5選をご紹介していきます。

Looopでんきのメリット5選
  • 供給エリアが広い
  • 料金設定がシンプル
  • 電力量料金が一律(市場連動ではない)
  • 解約金・契約縛りがない
  • オール電化プランにも対応

メリット① 供給エリアが広い

新電力会社は2021年4月で全国706社あり、Looopでんきは、新電力会社の中で数少ない5社のうちの、北海道から沖縄まで全国に電気を供給している新電力会社になります。

全国に供給するメリットとしては「今の住んでいるお家で電力会社を変更したい」「引っ越し先で電力会社を変更したい」ときに電気代が安い電力会社であるLooopでんきを大手電力会社と比較できるのが、なによりもメリットになります。

メリット② 料金設定がシンプル

大手電力会社の電気料金で実際によく耳にするのが「電気料金がみづらい」「電気料金がわかりにくい」の意見が多いです。

電気代の基本構成は下記の2つがあり、

①「基本料金+従量料金」

②「燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進割賦金」

②の項目は、どこの電力会社の差がなく、①「基本料金+従量料金」が大きな差になります。

Looopでんきは基本料金が0円、電気を使った分だけの電気料金がかかるシンプルな料金設定で、わかりやすいのが特徴になります。

北海道電力の従量電灯BとLooopでんきの従量電灯Bの電気料金の比較をしてみます

【基本料金の比較】

電気料金(税込)
(1契約)

北海道電力

Looopでんき
基本料金10A341円0円
基本料金20A682円 0円
基本料金30A1,023円 0円
基本料金40A1,364円 0円
基本料金50A 1,705円 0円
基本料金60A2,046円 0円

【従量料金の比較】

電気料金(税込)
北海道電力

Looopでんき
最初の
120kWhまで
(1kWh)
23.97円29.50円
最初の120kWhを
超え280kWhまで
(1kWh)
30.26円 29.50円
最初の280kWhを超える分
(1kWh)
33.98円 29.50円

違いは一目瞭然!
Looopでんき」がわかりやすいですね!

メリット➂ 電気料金が一律

結論からLooopでんきは市場連動型プランではないので、電気料金が一律で安心にはなります。

電気代について調べている方は、一度は聞いたことがあるかもしれない「電気代が2021年に高くなるかもしれない」という理由については、電気料金が「市場連動型プラン」が関係していきます。

市場連動プランは市場の外的要因から電気代が安くなるときもあれば高くなる可能性があり、将来のことは誰にもわかりませんので、あえて電気代をリスクのある料金プランにするのを筆者はおすすめしていません。

メリット➃ 契約縛り・解約金がない

新電力会社の中には、電力会社を乗り換える際に「契約縛り」があったり、契約内に解約した場合「解約金が発生」(解約事務手数料)が発生することがあります。

Looopでんきはこの「契約縛り」「解約金」さらにいえば「初期費用」すべて0円なので、以前の電力会社より電気代が高くなった場合でも、電力会社を戻せるメリットがあります。※

※電力会社の切り替えには1か月程度の日数を要する

安心して電力会社を切り替えることができますね!

メリット⑤ オール電化プランにも対応

全国に供給している電力会社は5社しかなく、その中で唯一オール電化プランを提供しているのがLooopでんきだけになります。

2011年東北大震災では、インフラ(電気・ガス・水道)の中で、電気が復旧することが早いことやガス漏れ事故などを防ぐために、オール電化にしているお家も2025年度には1,000万戸と増加傾向になります。(日本世帯数全体の20%)

そこでオール電化には、オール電化に合った電気料金プランがあるので、全国各地で供給しているLooopでんきを選ぶメリットの一つと言えます。

これから先のことを考えてもオール電化プランを提供しているのは魅力の一つ!

\電力会社を比較に必ず入れたい!!/

Looopでんきお申込みの手順を見てみる

Looopでんき(ループ電気) 評判や口コミをまとめたデメリット5選

続いてはLooopでんきの評判や口コミをまとめた「デメリット5選」を見ていきます、デメリットの部分も見方をかえれば、問題ないことも合わせてご紹介していきます。

Looopでんきのデメリット5選
  • 支払い方法が一つしかない
  • 独自のポイントがない
  • 明細はWEBでしか確認できない
  • 申し込みや連絡はオンラインが基本
  • 個人情報流出

デメリット① 支払い方法が一つしかない

Looopでんきの電気料金の支払いは一つしかなく、クレジットカードのみになっています。

今まで電気料金の支払いを銀行自動引き落としにしていた方やクレジットカードを使うのが抵抗がある方にとっては、デメリットと言えます。

個人的には電気料金は「クレジット払い!!!」を推奨しています、電気代をクレジットカード支払うことでポイントが自動的に貯まっていくので、銀行自動引き落としよりもおトクになります。

筆者も楽天クレジットカードで電気料金の支払いをしており、毎月の電気代が楽天ポイントが自動で溜まっています!

クレカ払いのほうがおトク!

コバッチは楽天カードで支払いポイントを貯めているよ。

デメリット② 独自のポイントがない

新電力会社の中には、電力会社独自のポイントを電気料金の中に、ポイントとして貯まるサービスを提供している会社もありますが、Looopでんきでは独自のポイントサービスを提供していません。

  • 楽天でんきなら楽天ポイント
  • auでんきならauポイント
  • ソフトバンクでんきならTポイント

Looopでんき独自のポイントサービスがない代わりに、電気料金を安く提供しているので、ポイントで割り引くよりも”純粋に電気代が安い”方向けの電力会社。

デメリット③ 明細はWEBでしか確認できない

電気代の請求書いわゆる明細は、WEBでしか確認できないようになっており、今まで紙での電気代の明細に慣れている人にとっては少し不便なところがデメリットになります。

しかし明細がWEBでしかない「ペーパーレス」にもメリットがあります。

ペーパーレスのメリット
  • 人件費を抑え電気代が安くなる
  • 紙で保存するとかさ張り、捨てるときにはごみになる

電気代の年間にかかる費用がすぐに見れる、WEBでしか見れない魅力もあるんだ。

デメリット➃ 申し込みや問い合わせなどはネット申し込みが基本

電力会社をいざ申し込もうと思ったときに、Looopでんきはネットでの申し込みが基本になるので、インターネットを使うことが苦手な方や、不慣れな方にとっては電話で申し込めないのはデメリットの一つになります。

Looopでんきでは、電話で申し込みはできませんが、電話で申し込みをサポートしてくれので不慣れな方でも安心!

ネット申し込みの強みは24時間いつでも申し込みが可能!

デメリット⑤ 個人情報流出の強化が課題

2019年6月27日にLooopでんきのイベントに関するメール配信の際に、利用者のメールアドレスが閲覧できる状態で配信したことが発覚しました。

2021年9月11日に一部の利用者宛てのメールにて、誤って別の利用者のメールアドレスに送信される個人情報漏洩事故が再度発生しました。

Looopでんきの対応は下記の通り

  • Eメールなどを用いた情報発信する際、複数名による確認を徹底
  • キャンペーンのお知らせなどお客様へ同時配信を行うEメールに個人情報の記載をしない仕様へ変更
  • 業務手順・作業方法の見直しを行い、マニュアル化

ここはLooopでんきにしっかりしてもらいたい!

Looopでんきお申込みの手順を見てみる

『独自目線』Looopでんき(ループ電気) はこんな人におすすめ

ここまでは、ネットで探せば見たことがあるメリット・デメリットになります。

この記事では『コバッチ電気ブログの独自目線』でLooopでんきがこんな人におすすめできるポイントをご紹介していきます。

おすすめポイント①とにかく電気代が安い電力会社を探している人におすすめ

他のネット記事では電力会社をおすすめする根拠の理由がわかならないことに着目し、当サイトでしか見れない独自記事 を作成しています。

ランキング記事では全国各地方ごとに電力会社のおすすめランキングをご紹介しています。

その中でLooopでんきはランキング上位が多数!

Looopでんきは、大手電力会社と比較しても電気代が安いことが多く、独自に調べた新電力会社おすすめランキングでも上位ランクインするなどおすすめできる電力会社の1つになります。

オール電化プランおすすめランキング
ランキング1位の数 23/40
ランキング2位の数  5/40
ランキング3位の数  3/40
ランキング4位の数  3/40
ランキング5位の数  2/40
電気代が安い電力会社おすすめランキング
ランキング1位の数 7/40
ランキング2位の数  1/40
ランキング3位の数  10/40
ランキング4位の数  5/40
ランキング5位の数  2/40

おすすめポイント②大手電力会社と比較して電気代が安いのでおすすめ

Looopでんきは電気代の基本料金0円を強みにして、大手電力会社と比較して電気代が安いことがおおきなメリット

【基本料金の比較】

電気料金(税込)
(1契約)

北海道電力
(従量電灯B

Looopでんき
(おうちプラン)
基本料金10A341円0円
基本料金20A682円 0円
基本料金30A1,023円 0円
基本料金40A1,364円 0円
基本料金50A 1,705円 0円
基本料金60A2,046円 0円

【従量料金の比較】

電気料金(税込)
北海道電力
(従量電灯B

Looopでんき
(おうちプラン)
最初の
120kWhまで
(1kWh)
23.97円29.50円
最初の120kWhを
超え280kWhまで
(1kWh)
30.26円 29.50円
最初の280kWhを超える分
(1kWh)
33.98円 29.50円

\電力会社を比較に必ず入れたい!!/

Looopでんきお申込みの手順を見てみる

おすすめポイント③電気代と合わせてキャンペーンも利用したい人におすすめ

Looopでんき公式でも、電力会社を乗り換えるキャンペーンを行っており、キャンペーンが終了したときには「エネチェンジ限定特定」のキャンペーンもあるので、電気代が安くなる+αキャンペーンでさらにおトクになるのでおすすめのポイント!

「エネチェンジ」は、お住まいの地域の電力会社を一括比較できるサイトになるので、料金シュミレーションにピッタリのサイトになりますが、検索方法に少しコツが必要になります。

この検索方法のコツをわかりやすく解説しています。

エネチェンジを「おトクに利用する検索方法」を別記事でわかりやすく、実際の検索画面と合わせてご紹介していきます。

「エネチェンジってどんな会社?」と思った方には別記事でわかりやすく、解説しています。

\エネチェンジ限定特典が今ならおトク/

Looopでんきの申し込みから切り替えまでの手順を「現在のお住まいで切り替え申し込みする方」と「引っ越し先で切り替え申し込みする方」の2つのパターンを実際の画面と合わせてご紹介していきます。

検針票を見ながらだとスムーズに手続きできます。
(所要時間約5分~10分)

引っ越し先で切り替える方は、引っ越し先の住所などが必要なので、わかる資料をご用意していると手続きがスムーズ。

現在のお住まいの電気をLooopでんきに切り替える手順

現在お住まいのお家の電気をLooopでんきに切り替える申し込み手順をSTEPごとにみていきます。

検針票をご用意し、下記の「現在のお住まいの電気をLooopでんきに切り替える手順」をクリック。

引っ越し先でLooopでんきに切り替え申し込みする方

引っ越し先でお家の電気をLooopでんきに切り替える申し込み手順をSTEPごとにみていきます。

引っ越し先の住所などが必要なので、わかる資料をご用意しているとスムーズに手続きができます。

引っ越し先では、スマートプランを選択できません、一度おうちプランで契約し、その後変更する必要があります。

下記の「引っ越し先でLooopでんきに切り替える手順」をクリック。

実際に手続きをしてみましたが、10分程度で完了しました。

Looopでんき(ループ電気) 実際の評判や口コミ

実際に利用した口コミを見ていきます。

安さではダントツ

今までの料金から1,000円は確実に安くなると思います。
1年で12,000円も浮くとなると大きいはず。逆に既存の電力会社の怠慢さを感じた。
もっと詳しく見てみる 引用みん評

切り替えな理由がない

一年以上、使っていますが特に問題なく、一年で一カ月分の電気代節約できています。
もっと詳しく見てみる 引用みん評

料金が一定

まず電気料金を下げたいという思いから色んな会社でシュミレーションを行ったり、各社のサービスを確認しました。
私の場合は何かのサービスでお得感を得たいというよりも電気料金を下げたいという気持ちが強くLooopでんきにたどり着きました。
もっと詳しく見てみる 引用みん評

完全従量制

検針票を見てもどうも内訳が把握できない。Looopさんだと25-26円/kWhで、もうただそれだけの完全重量システムで、これだったら私も把握できるし、むしろ電気料金ついての意識が高まりました。
もっと詳しく見てみる 引用みん評

クレジットカード払いになる

基本料金0円で約1,500円/月ぐらいは安くなる。ただ口座引き落としがクレジットカード払いになる。
もっと詳しく見てみる Twitter

Looopでんきの個人情報流出問題

Looopでんき個人情報流出させておきながら対応悪すぎるから乗り換える。
もっと詳しく見てみる Twitter

独自ポイントがない

特にLooopでんきには不満はないんだけども、ポイント分微妙にお得な楽天でんきに移行してみます。
もっと詳しく見てみる Twitter

デメリットはクレジットカードだけ?

電気代は完全従量制だけど、大手と違って何段もの料金設定になっていないので、多く使えば使うほど安くなりやすい。
クレジットカード払いしかできないくらいだろうか?デメリット。
もっと詳しく見てみる Twitter

\電力会社を比較に必ず入れたい!!/

Looopでんきお申込みの手順を見てみる

Looopでんき(ループ電気) に関するよくある質問7選

Looopでんきを検討している多くの方が気になる、よくある質問7選をご紹介していきます。

よくある質問①電力の切り替えについて

電力の切り替えになにをすればいいの?

お申込フォームから申し込むだけでOK、面倒な現在使用している電力会社の解約手続きや、電力量計の取替、切替の手続きなどすべてLooopでんきが行います。

  • 申し込みには「電気ご使用量のお知らせ」と「クレジットカード」が必要になります。。
  • 約1週間~5週間で切替の手続きが完了します。(原則、検針日に切替わる)

よくある質問②電気代の安さについて

電気代は本当に安くなるの?

ご使用するご家庭の電気のご使用パターン、電気のご使用量などによって異なります。

詳しくは公式HP「料金シミュレーション」でどれぐらい安くなるかの比較をする必要があります。

よくある質問③電気料金について

なぜ基本料金が無料なの?

従来の電力会社とは異なり、火力発電所や原子力発電所のような大規模な施設を持たないため、固定費が少なくてすむからです。
※「動力プラン」の場合、基本料金は0円ではありませんが、ほとんどのご家庭は使用しません。

よくある質問➃切り替え完了について

申し込み後いつから切り替えが完了するの?

ご家庭の方については、供給開始は検針日切り替えとなります。

基本的にはお申し込みから半月程度、スイッチング処理などで次々回検針日の切り替えとなることがあるます。

供給開始予定日は、登録したメールアドレス宛でお知らせ。

※電力切り替えに伴う事務手続きなどの処理

よくある質問⑤お問い合せ先について

お問い合せ先はどこ?

Webでのお問い合わせ先はこちらをクリック

電話でのお問い合わせはお客様窓口 TEL.0120-707-454

(年中無休9:00~20:00)

よくある質問⑥引っ越し先について

引っ越し先でLooopでんきに切り替えれる?

お引越し先で初めてLooopでんきをご契約の場合は、お申込みページからお申込みができます。

お引越し前の住所でLooopでんきをご契約中の場合は、お客様専用のマイページからお申込みが必要。

・お引越し先が新築戸建/ 新築 集合住宅物件の場合は、​​お受けできかねます。弊社以外の電力会社とご契約後にお申し込みください。

・お引越し先がマンション等で一括受電をしている設備の場合など、契約形態によっては弊社電力を供給できないことがございますので、事前に管理会社等へご確認をお願いします。

お引っ越し先で新電力会社に手続きできるかを 『押さえておきたい!引っ越しする際の電力会社への手続き』の記事でわかりやすく解説しています。

マンションやアパートの方は『マンション・アパートでも大丈夫?!』電力会社を変更できる?できない?の記事でわかりやすく解説しています。

よくある質問⑦料金プランについて

Looopでんきにはどんな料金プランがあるの?

Looopでんきは大きく分けて「ご家庭向けプラン」と「法人向けプラン」があります。

ご家庭向けプラン
おうちプラン一人暮らしからファミリーまで一般的なご家庭でおトクに利用できるプラン
ビジネスプラン大きなおうち、大家族のご家庭でおトクに利用できるプラン
スマートタイムプランオール電化住宅、現在オール電化プランをご利用中のご家庭でおトクに利用できるプラン
再エネどんどん割(北海道エリア限定)Looopでんきを長く続ければ続けるほど電気代が安くなるプラン
法人向けプラン
ビジネスプラン事務所、商店、飲食店など、電気をたくさん使用する法人向けのプラン
動力プランマンション共用部、飲食店、事務所で業務用の機器をお使いになる法人向けのプラン

まとめ

Looopでんきは、大手電力会社にはないわかりやすい料金プランやオール電化プラン、そして電気代が安いランキング上位多数を占め、初めて電力会社に切り替える方や今後電力会社を変えたい方にもおすすめできる電力会社になります。

しかしながら、デメリットの部分で述べた特に「情報漏洩の強化」については今後Looopでんきの対応に期待したいところになります。

メリット・デメリットをみて納得できる電力会社を選んでみてね

まずはお住まいの地域で安い電力会社を見つけてみましょう!

『電気代が安い電力会社が一目でわかる』~お住まいの地域別おすすめランキング~でTOP5のランキングでご紹介しています。

オール電化の方は『オール電化住宅必見!オール電化プラン』~お住まいの地域別おすすめランキングTOP5~で詳しく解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

ご覧いただきありがとうございました。
みなさまのお役に立てるような
電気や生活に関することを発信するサイトになります
またよかったら見にきてください

記事の内容
閉じる