電気代を安くする

『電気代が年間1万以上は安くなる』~現役電気工事士がその方法を伝授します~

こんな方にお役に立てる記事
  • 電気代を安くしたい
  • 電気代を見直したい
  • どんな方法があるかを知りたい
  • だれにできる方法を知りたい

みなさんが普段生活する中で必ず発生するのが『電気代になります。

電気代を見直すと『年間1万円以上』簡単に安くすることが可能に!

日々の固定費を下げて、浮いた費用を自分の好きなことや趣味などに使えます。

だれでも電気代を年間1万円以上安くする方法を現役電気工事士が解説していきます。

コバッチ

ではさっそく見ていきましょう。

新人君

宜しくお願いします。

  • 電気工事士歴10年以上
  • 独学で資格取得の数は15個
  • 年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績
  • 官公庁工事・民間工事合わせ500件以上の工事を経験
筆者の情報
コバッチ

運営者プロフィール・Twitter@cobacchi_blog)

早く教えて
この記事の結論
  • 電気代の基本を理解しよう
  • お住まいの新電力会社に変更
  • 支払い方法をクレジットカードに変える
  • 消費電量が大きい家電から節電する

電気代を理解しよう

電気代の仕組み

電気代の基本を理解しましょう。

電気代の基本は『基本料金』『従量料金』『燃料費調整額』『再生可能エネルギー発電促進割賦金』になります。

電気代の費用は『基本料金』と『従量料金』この2つを見直す必要があります。

『燃料費調整額』『再生可能エネルギー発電促進割賦金』は各社金額はあまり変わらない。

『基本料金』は電力会社によって決まっている部分になるので、『基本料金』を見直すには電力会社を変更する必要があります。

『従量料金』については電気を使った分にかかる費用なので、こまめに電気を消すなどの節電により費用を抑えられます。

電気代についてしっかり理解したいという方は【電気代の見方をわかりやすく解説】で詳しく解説しています。

電気代の計算方法も知りたいと方はこちら【電気代の計算方法とは?】

新人君

具体的に電気代を安くするにはなにをすればいいでんすか?

コバッチ

では次になにをするかを解説していきます。

お住まいの新電力会社に変更する

新電力会社に乗り換え

電気代の『基本料金』『従量料金』電気力会社によってそれぞれ価格設定が違います。

電力自由化に伴い、新電力会社ができ『自分の好きな電力会社を契約する』のが可能になり電気を契約している電力会社を見直すことで電気代が安くなります。

各社色々なサービス、キャンペーンを上手く利用して電気代を見直すチャンスです。

お住まいの地域から電力会社を選ぶ

住まいの地域の電力会社一覧

電力会社はお住まいの地域によって契約できる電力会社が決まってきます。

コバッチ

各地域の電力会社とおすすめを紹介します。

新人君

ボクも今自分が住んでいる地域の電力会社を見てみよう。

選ぶポイント
  • 普段利用しているサービスで選ぶ
  • 「LOOPでんき」は料金プランがわかり易くおすすめ
  • 楽天のサービスを利用している方は「楽天でんき」がお得
  • ソフトバンクを利用している方は「ソフトバンクでんき」がお得
  • 料金シュミレーションを活用する

【北海道・東北】

(作成中)

【関東】

(作成中)

【中部】

(作成中)

【関西】

(作成中)

【中国】

(作成中)

【四国】

(作成中)

【九州】

(作成中)

【沖縄】

(作成中)

大手電力会社は除いています。

東京電力・関西電力・中部電力

東北電力・九州電力・中国電力

四国電力・北海道電力

おすすめしているのは実際に各社の公式HPで料金シュミレーションを行った結果です。

各社HPで筆者が徹底比較した結果がこちら【電気料金 お住まいの地域で徹底比較】で詳しく解説しています。。

(現在は全国展開している電力会社5社のみ随時UP予定)

現在お家がオール電化の場合

現在お家がオール電化の方はオール電化にあった電気料金プランがあります。

オール電化の料金プランの主な特徴
  1. 夜間・深夜の電気使用量が安い
  2. 日中(昼間)の電気使用料金が高い
  3. 使う時間帯に電気代が変動する
  4. 夕方~夜にかけて電気を使うご家庭がお得
  5. 通常の電灯プランだといつ電気を使っても同じ料金単価

コバッチ

生活スタイルに合わせてプランを選ぼう

【北海道・東北】

(作成中)

【関東】

(作成中)

【中部】

(作成中)

【関西】

(作成中)

【中国】

(作成中)

【四国】

(作成中)

【九州】

(作成中)

【沖縄】

(作成中)

選ぶポイント
  • キャンペーンを利用する場合「エルピオでんき」が最安値(初年度)
  • キャンペーンを利用しない場合「LOOPでんき」が最安値

各社HPで筆者が徹底比較した結果がこちら【オール電化プラン 電気料金を徹底比較】で詳しく解説しています。

(全国展開している電力会社5社のみ随時UP予定)

マンション住まいの方でも大丈夫

マンションでも大丈夫

新人君

マンションに住んでいるかたは電力会社を変更できますか?

コバッチ

マンションのかたでも変更できます。

お住まいがマンションの方でも電力会社を変更することが出来ます。

戸建て住宅でもマンションでも電力会社を変更するのに必要なのは『スマートメーター』になります。

『スマートメーター』お住まいの大手電力会社が無料でつけてくれるので安心して電力会社を変更することが出来ます。

詳しくはこちらの記事で解説してます。

【マンションでも大丈夫??電力会社を変更する方法】(作成中)

引っ越し予定の方への解約金・手続きのまとめ

引っ越し予定の方の解約金まとめ

電力会社を変更したのはよいが、引っ越しを予定をしているまたは転勤がある方には不安な点『解約金・手続き』になります。

こちらも各社まとめてましたので、参考にしてみてください。

(一覧表作成予定)

詳しくはこちらの記事

【新電力会社 解約金・解約手続きのまとめ】(作成中)

電気代の支払い方法をクレジットカードにする

固定費をクレカ払いに

固定費をクレジットカード払いにするだけでクレジットカードに付随するポイントを貯めることで固定費(電気代)が安くなります。

これは電気代に限らず『水道料金』『ガス料金』『携帯代』『通信費代』これらを全てクレジットカードにするだけで年間1万円以上は安くなることが可能です。

コバッチ

クレジットカードを新しく発行するとポイントが入ってくる会社もあります。

選ぶポイント
  • 年会費無料なカードを選ぶ
  • 普段利用するものを選ぶ
  • ポイント還元率をチェック
  • キャンペーンも合わせてチェック






カード名リクルートカード楽天カードイオンカードビッグカメラオリコカード
おすすめ度
特徴①年会費は無料年会費は無料年会費は無料年1回利用で無料年会費は無料
特徴②ポイント還元率1.2%ポイント還元率0.5%一部1%ときめきポイント
いつでも2倍
ポイント還元率
実質1%
ポイント還元率実質1%
特徴③じゃらんnet予約10%還元プラン
HotPeper Beauty
利用で3.2%還元
Hotpepar グルメ
予約人数×50P
楽天市場での
お買い物を
楽天カードで

支払いSPU+2倍
イオンで
毎月20日・30日
お客様感謝デー
お買い物代金が5%FOFF
Suica一体型
オートチャージ
Suicaの残高を
気にしなくてOK
入会後6か月は
ポイント還元率
2.0%にアップ
キャンペーン新規入会&利用
6,000ポイント!
新規入会&利用
5,000ポイント!
新規入会でポイント20%還元新規入会
2,000ポイント!
新規入会最大
7,000ポイント!
詳細な情報公式HP公式HP公式HP公式HP公式HP

毎月の電気代4人家族の電気代は年間約142,000円1人暮らしの方は約48,000円

この費用がポイント還元されます。

年間でおトクになる金額はこちら

リクルートカードの場合

4人家族の場合 合計7,707円

【1,707円+6,000円キャンペーン

1人暮らしの場合 合計6,576円

【576円+6,000円キャンペーン

新人君

支払方法を変えてポイントも貯めれて節約にもなるのか~

消費電力の大きい家電から節電する

節電をする

電気代を安くする方法として『節電』があります、消費電力が大きい家電をメインに節電することお勧めします。

消費電力が小さい家電をこまめに節電しても時間をかけたわりに電気代が安くならない(時間効率が良くない)からになります。

消費電力とは、家電製品が使う電気の大きさ、大きいほど電気代がかかる

消費電力が大きい家電の節電方法
  1. エアコンを一定温度に設定
  2. エアコンを付ける前に空気の入替
  3. 冷蔵庫内に食材を詰め込まない
  4. 食材などは粗熱を取ってから冷蔵
  5. ドライヤーを使用前に自然乾燥
  6. 電気ポットを電気ケトルに変える
  7. トイレ温水便座のヒーターをOFF

コバッチ

これらを組み合わせるだけで年間1万円以上の節約ができます。

簡単に節約・節電できる方法【電気代を安くできる裏ワザまとめ】で詳しく家電の節約方法を解説しています。

まとめ

電気代を安くする方法まとめ
  • 電気代の基本を理解しよう
  • お住まいの新電力会社に変更
  • 支払方法をクレジットカードに
  • 消費電量が大きい家電から節電

電気代は少しの手間を加えるだけで『簡単に電気代が年間1万円以上安くなる』

自分にあった『これならできそう』というものから始めるのがおすすめです。

安くなった分の電気代を自分の趣味や好きなことに使って電気代をおトクにしましょう。

新人君

僕は節電から始めてみます。

コバッチ

是非やってみてね

コバッチTwitterアカウント

ブログお問い合わせフォーム

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

ABOUT ME
cobacchi
ご覧いただきありがとうございました。 みなさまのお役に立てるような 電気や生活に関することを発信するサイトになります またよかったら見にきてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA