【絶対にやめて】ブレーカー交換・増設をどこに頼むか工事業者の依頼方法3選を現役電気工事士が解説

こんな方にお役に立てる記事
  • ブレーカーが落ちて上がらない
  • ブレーカーの交換がしたい
  • 200Vコンセントの家電製品がある
  • ブレーカー交換費用の目安が知りたい
  • おすすめの依頼方法を知りたい

お家で電子レンジやホットプレートなど電気がたくさん必要な家電製品を使ったときに、ブレーカーが落ちてしまって直そうと思ったらブレーカーが上がらなくて故障してしまった。

ブレーカーが落ちた原因が漏電だった場合には、ブレーカーが落ちて入れようとしても、いつまで経ってもブレーカーは上がりません。

そんな時どうやってブレーカーを直せばよいのかわからないあなたに「これは故障なのか、ブレーカー交換が必要なのか」をわかりやすく説明していき、ブレーカー交換・増設が必要な場合には、おすすめ「ブレーカー交換業者の依頼方法をご紹介します」

その他にエアコンを新しくつけた、IHクッキングヒーターに変えた、乾燥機(浴室・食器・洗濯機)を購入するときに200Vコンセントが必要だった時のために、200V用のブレーカーを交換または増設しなければいけません。

この記事では、感電する恐れがあるので、誰もができる作業ではありないブレーカー交換を、どこに頼むかわからないあなたに10年以上の経験を持つ”現役電気工事士”がわかりやすく解説していきます。

早く教えて
この記事の結論
  • ブレーカーが落ちる原因は電気的問題と寿命「過電流・短絡・電圧が違う・経年劣化」
  • コンセントを外してブレーカーが入るかを確認
  • ブレーカーがまだ落ちる場合には交換が必要
  • ブレーカー交換の目安は15,000~30,000円
  • 専門資格を持った工事業者に頼まないとダメ

  • 電気工事士歴10年以上
  • 独学で取得した資格15個
  • 年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績
  • 売上1億円以上を7年以上継続
  • 官公庁・民間合わせて500件以上の工事を経験
筆者の情報
コバッチ

運営者プロフィール・Twitter(@cobacchi_blog

新人くん

すぐにブレーカー交換したい人におすすめ依頼方法はコチラ

ブレーカー交換・増設の依頼方法①家庭専門の電気工事業者
ブレーカー交換・増設の依頼方法②大手電力会社に依頼
ブレーカー交換・増設の依頼方法③電気工事組合に相談依頼
ブレーカー交換・増設の依頼方法:番外編自分で直す

「家庭専門の電気工事業者」に依頼する方法は≫≫こちらをクリック

「大手電力会社」で交換・増設を依頼する方法は≫≫こちらをクリック

「電気工事組合」に交換・増設を依頼する方法は≫≫こちらをクリック

番外編:ブレーカー交換を自分で直す場合は≫≫こちらをクリック

記事の内容

ブレーカーが落ちる・上がらない原因

ブレーカーが落ちる・上がらない原因

ブレーカーが落ちる原因は電気的な問題からよく言われる寿命まで幅広くありますが、ここでは代表的なものを3つわかりやすく説明していきます。

  • 過電流・短絡・電圧が違う
  • 漏電している
  • 経年劣化による故障

①過電流・短絡(ショート)・電圧が違う

まずは電気的な問題であるブレーカー故障の原因は「過電流・短絡(ショート)・電圧が違う」ことが原因でブレーカーが落ちます。

ブレーカーが落ちる原因過電流・短絡・電圧が違う漏電している経年劣化による故障

「過電流」とは、家庭用のブレーカーは1個あたり20A(アンペア)以上流れないようにストップするのに対して「20A(アンペア)値以上の電流が流れる」ことを過電流といいます。

電気を多く使う電子レンジやホットプレートを同時に使ってブレーカー落ちてしまったという経験がありませんか。

コバッチ

家電製品を同時に使ったらブレーカーが落ちた原因のほとんどは「過電流」です。

短絡(ショート)や電圧が違うことを細かく説明をすると専門用語や数字があって聞くのも嫌になるので、雰囲気だけつかんでみてください。

図で説明すると電気は基本的に+(プラス)からランプを通ってー(マイナス)に電気が流れる仕組みになっています。

簡単な電気の仕組み(乾電池)

「短絡(ショート)」とは、+(プラス)からランプを通ってー(マイナス)に流れずに、金属部に接触、電線同士の接触などによって「本来の電気の流れと違ったときに、接触した箇所に大きな電流が流れてしまう」ことになります。

コンセントプラグを差したときに、火花が散ってコンセントまたはコンセントプラグが焦げたことを経験したことはないでしょうか。

コンセントのショートから火災のきっかけに
コバッチ

コンセントプラグのプラスとマイナスの金属部分が触れてしまったことで短絡(ショート)が起きます。
「短絡(ショート)」が起きると、ブレーカーが落ちる原因に。

家電製品の電源タイプには「100V」と「200V」があり、電気を使う量が少ないテレビ・扇風機・パソコンなどは「100Vタイプ」を、電気を多く使う家電製品であるエアコン・IHクッキングヒーター・乾燥機などは「200Vタイプ」を使用します。

「電圧が違う」とは、本来使用するべき正しい電源タイプの100Vと200Vの家電製品を間違えて使うことをいい、本来100Vタイプの家電製品に200Vが流れると、家電製品に想定以上の力や発熱が発生し壊れてしまいます。

電圧が違うと電化製品の故障の原因
新人くん

電圧が違うことで家電製品が故障した際に短絡(ショート)などが起きてブレーカーが落ちる原因になるんですね。

②漏電している

先ほどと同じ電気的な専門用語になりますが、生活のしているどこかで「漏電している」と聞いたことはないでしょうか。

漏電したイメージ図

「漏電」とは、ケーブルが傷ついたり、電気製品が水に濡れることで、外部に電気が流れ感電する恐れがあることを指します。

例えば、漏電した洗濯機に触ると感電する恐れがあるので、水回りの家電製品の洗濯機・洗面台・電子レンジ・キッチンのコンセントなどは漏電防止のために「漏電しゃ断器」と呼ばれる専用のブレーカーをつけることになります。

ブレーカーが落ちた原因の一つに、漏電防止のための専用ブレーカーが「漏電」を検知してブレーカーが入らなくなり、漏電が直るまではブレーカーは上がりません。

コバッチ

ブレーカーが上がらないのは、まだ漏電しているから。
漏電が直るまでブレーカーは上がらない仕組みになっています。

③経年劣化

長年同じブレーカーを利用すると、一度ブレーカーが落ちたタイミングで中の電子部品などが破損してブレーカーを入れても上がらないことがあります。

先ほど説明した「過電流・短絡(ショート)・電圧が違う・漏電」以外の原因以外でブレーカーが上がらない理由のほとんどが「経年劣化による故障」いわゆるブレーカーの寿命になります。

ブレーカーの経年劣化から火災が起きる

ブレーカーは「点検・交換の目安は10年」といわれ、日本配線システム工業会でも10年経過したブレーカーなどは電気安全上の配慮から交換を推奨しているので10年~15年以上使っているときには注意しましょう。

またブレーカーの経年劣化による損傷から火災事故などの原因になって事例もみられるので、壊れたときには交換したおかげで火災で家が全焼を防げたと思えば、ブレーカー交換費用も安く費用対効果は十分だといえます。

コバッチ

ブレーカーが原因で家が火事になるなんて、、、
しっかり直しましょう。

ブレーカーを交換するかの判断の目安

ブレーカーを交換するかの判断の目安

では、ブレーカーが落ちて上がらなかった場合に「ブレーカーを交換したほうがよいのか」「違うことが原因で他を直すべきなのか」判断をしないと余計なお金と時間だけが、出ていくことになります。

コバッチ

ステップごとに試してみよう。

STEP
電化製品を使っていない状態でブレーカーが上がる(入る)かを確認する

まずは電化製品を使っているときに、ブレーカーが落ちた場合は使っていた「電化製品の使用をやめて」ブレーカーが入るか確認してみましょう。

これでブレーカーが上がる(入る)場合には、20A(アンペア)以上の電気を使っていることが原因なので、電化製品を差しているコンセントとは別のコンセントを使うことでブレーカーが落ちることを防げます。

STEP
電化製品のコンセントを抜いてブレーカーが上がる(入る)かを確認する

次に確認したのは漏電しているかを確認するために、電化製品を使っていた時にブレーカーが落ちた場合には一度「コンセントを抜いてから」ブレーカーが入るか確認してみましょう。

これでブレーカーが上がる(入る)場合には、コンセントを差していた電化製品が漏電したことが原因なので、ブレーカーを交換するのではなく、電化製品を修理または使用しないのが正解。

STEP
STEP1,STEP2を試してみてもブレーカーが上がらない(入らない)場合

STEP1、STEP2を試してみてもブレーカーが上がらない(入らない)ときは、ブレーカーの内部が故障しているのでいわゆるブレーカーの寿命なので「ブレーカーの交換が必要」になります。

ブレーカー交換には感電する恐れがあるため専門資格を持った人が作業しなければなりません、当サイトでなるべく費用が安く安心してお任せできる工事業者を紹介します。

ブレーカー交換のおすすめ依頼方法3選

ブレーカー交換・増設の依頼方法①家庭専門の電気工事業者
ブレーカー交換・増設の依頼方法②大手電力会社に依頼
ブレーカー交換・増設の依頼方法③電気工事組合に相談依頼
ブレーカー交換・増設の依頼方法:番外編自分で直す

「家庭専門の電気工事業者」に依頼する方法は≫≫こちらをクリック

「大手電力会社」で交換・増設を依頼する方法は≫≫こちらをクリック

「電気工事組合」に交換・増設を依頼する方法は≫≫こちらをクリック

番外編:ブレーカー交換を自分で直す場合は≫≫こちらをクリック

ブレーカー交換・増設しないといけない理由

ブレーカーを交換・増設しないといけない理由

ブレーカー交換とか増設するのはお金がかかるから面倒だし、やめておこうという考えだとしたら少し待ってください。

ブレーカーを交換しないことであなたの大切なものがなくなるのと比べると、ブレーカー1個を交換または増やすことは何でもないはずです。

短絡(ショート)・漏電が原因で火災の危険性がある

ブレーカーを交換せずに使い続けた場合に、ブレーカー内部の電子部品が壊れた部分から発火したり、または短絡(ショート)や漏電が原因で火花が発生して火災につながる危険性があります。

東京消防庁電気火災の事例

引用 東京消防庁電気火災

東京消防庁の平成25年~平成29年の期間で電気コード火災などの発見件数は平成29年で266件と火災が発生しています。

火災の多くの原因が電気コードが短絡(ショート)したときに火花が散り続け、大きな火災につながるのを防ぐためにもブレーカーは火災を防ぐために大切なストッパーの役割をしています。

人生で大きな買い物の1つである大切なあなたのお家が「1万円~3万で守れるのであれば十分もとを取れる必要経費」だといえます。

火災保険に入っていない人は、家が全焼・さらに住宅ローンの支払いもしないといけないなんてことを防ぐために「ブレーカー交換」は家を守る大事な保護装置なのです。

ブレーカーの交換・増設費用の目安と費用を安くするポイント

ブレーカーを交換するときの費用の目安を知っておくと「割高な請求をされない」「予算内で交換することができます」

ブレーカーの値段「5,000円~10,000円」

交換する作業費用「12,000円~20,000円」

ブレーカー・作業費を合わしても「3万以下で交換ができます」

でも、3万円といっても家庭には大きな出費です、、、

コバッチ

ブレーカー交換をなるべく安くするポイントを解説します。

ポイント①相見積もりをする

費用を安くするポイント①相見積もりをする

ブレーカー交換にかかる費用は、業者によって見積の金額に差が出てきます。

あなたを騙そうとしているわけではなく、業者ごとにほしい利益が異なるから仕方ないことだといえ、交換費用を安くするには「相見積もりが必須」になります。

コバッチ

相見積もりをするかしないかで、1万円の差になります。

相見積もりとは「複数の業者を比較する」こと。

相見積もりのメリット

1社だけでなく、複数の工業者を比較することでより安い費用でブレーカーの交換をすることができ、値引き交渉の材料の1つにもなるので3社程度を比較すると交換費用を安くできます。

費用の安さだけでなく、疑問におもったことを答えてくれることや親切な対応など交換費用以外の面も比較するとより納得できる工事業者を選べます。

この相見積もりの手間をとるか、少し高くてもいいから早く直したのかはあなた次第です。

ポイント②料金表がある・無料見積ができる

費用を安くするポイント②料金表がある・無料見積ができる

次に気を付けたい費用を抑えるポイント二つ目はあらかじめ交換作業を依頼する前に「料金表がある」かを確認しましょう。

  • 交換費用を決めずに工事を依頼するのはNG

ブレーカー交換後に高い金額を請求されたとしても、交換が終わった後なので相手の言い値になる場合があるので、あらかじめ料金表で金額を確認して料金を決めておくことがポイントです。

新人くん

交換作業を行う前に交換にかかる料金を決めておきましょう!

また基本的にブレーカーを交換する前に「作業費用は○○円かかります」といった見積金額を提示されてから、あなた了解して依頼するのが一般的です。

この見積金額を提示するのに、現地調査・見積費用を請求する工事業者も存在します。

ほとんどの工事業者が無料で見積をしてくるので、お家の現地調査をしてもらう前に「無料見積をしてくれる工事業者に依頼する」ようにするのもポイントの1つです。

料金表がある・無料見積ができることを確認しよう。

ポイント③予備ブレーカーを利用する

費用を安くするポイント③予備ブレーカーや切り替えコンセントを利用する

お家の分電盤には基本的に住んでからエアコンや電化製品を増やしても問題ないように、分電盤に多めにブレーカーがついています。

念のために多めにつけているブレーカーを私たち電気工事士たちは「予備ブレーカー」と呼びます。

ブレーカー交換をお願いすると考えると、新しいブレーカーが必要だと思いますが、この予備ブレーカーを使うことでブレーカー本体の金額が浮くことになり、作業する時間もかなり短縮されます。

最新ブレーカーでは、100Vから200Vに変えるのも簡単ワンタッチで切り替えるブレーカーもあるので、200Vコンセントが必要な時でもブレーカー交換せずに、簡単に5分で200Vブレーカーに変えることもできるようになりました。

コバッチ

分電盤をみてOFFになっているブレーカーがあれば、それが「予備ブレーカー」です

ブレーカーの交換・増設をどこに頼む「おすすめ依頼方法3選」

ブレーカーの交換・増設をどこに頼む「おすすめ依頼方法3選」

ブレーカーが壊れたとき、どこに依頼すればよいかを具体的に3つの項目で評価して、おすすめサービスや依頼方法をご紹介していきます。

おすすめする評価の基準
  1. 費用の安さ
  2. 依頼する手間
  3. 工事の安心

「費用の安さ」

ブレーカーを交換するのに「費用が安いのか」が一番気になるポイントだと思います。

料金表で金額が明確にしているか、修理費用が安いかを総合的に判断して評価しています。

「依頼の手間」

ブレーカーを交換してもらうのに「ネットで申込」「電話で申込」で気軽に頼める、または店舗に行って依頼する手間などを含めて、すぐに対応でき手間がかからないかを評価しています。

「工事の安心」

換気扇の交換作業は誰でもできる作業なので、利用した人たちの口コミなどで良い悪いがしっかりと分かるかどうかを評価しています。

ブレーカー交換・増設の依頼方法①家庭専門の電気工事業者
ブレーカー交換・増設の依頼方法②大手電力会社に依頼
ブレーカー交換・増設の依頼方法③電気工事組合に相談依頼
ブレーカー交換・増設の依頼方法:番外編自分で直す

「家庭専門の電気工事業者」に依頼する方法は≫≫こちらをクリック

「大手電力会社」で交換・増設を依頼する方法は≫≫こちらをクリック

「電気工事組合」に交換・増設を依頼する方法は≫≫こちらをクリック

番外編:ブレーカー交換を自分で直す場合は≫≫こちらをクリック

①家庭専門の電気工事店に依頼する

①家庭専門の電気工事店に依頼する

現在も勤めている筆者の電気工事店の場合は、ご家庭向けでなく、企業や官公庁(役所)向けの工事が多くご家庭の工事の場合だと売上が低いため、交換の費用も高くなり、最低でも25,000円はかかります。

「家庭専門の電気工事業者」の場合、複数のお家の工事をすることで1軒あたりの交換の費用がやすく、依頼する方法はネットや電話なので簡単に申込でき手軽に申し込みたい方に向いているサービス。

コバッチ

とにかく早く交換してほしいなら
「電気の工事屋さん」
口コミで比較したいなら
「くらしのマーケット」

サービス会社
おすすめ度
口コミ数なし
800件以上

600件以上
ブレーカー交換
費用の目安

15,000円~

14,000円~
20,000円

15,000円~
30,000円
工事の安心さ
専門店にお任せ

口コミから選べる

口コミから選べる
使いやすさ
電話するだけ

スマホ操作が
しやすい

自分の住所
アンケートを入力
依頼の手間
電話ですぐに
申込OK

数あるプロを
自分で選ぶ

ミツモアが
5社選ぶ
支払い方法現金
クレジットカード
依頼者によって
支払方法が異なる
依頼者によって
支払方法が異なる
デメリットとにかく早く
直したい人向け
自分で選ぶ
必要がある
ミツモアが
業者を選ぶ
サービス内容評判・口コミ評判・口コミ
詳細な情報

電気の工事屋さんの情報
  • 全国の電気の専門業者がお家の電気工事を点検・修理してくれる会社
  • 直らなければ修理費無料
  • 見積は無料なので安心

「公式サイトを見てみる」

会社の情報

「電気の工事屋さん」は、お家の電気に関する数多くの施工実績に加え、実際にお家をみてからプロの査定で無料見積をしてもらえるサービス。

全国各地の多くのエリアに対応しているので、すぐにブレーカー交換をしてほしい、とりあえずどれぐらいかかるか見てほしいあなたのお家に最短30分で出張見積が可能。

料金形態がはっきりしているので,交換作業がいくらかかりそうかが分かり、ホームページ限定クーポンの1万円以上の利用で1,000円割引のサービスの期間限定キャンペーンがあるのがポイント。

電気の工事屋さんの工事に依頼する流れは、お家で困っている電気工事の現地調査「無料見積り」を行い、提示された工事金額に納得した上で工事の依頼を決定します。

依頼する方法も「カンタン2STEP」電話をかけて、無料見積を行う担当者から電話を待つだけ!

電気の工事屋さんの依頼方法

あなたの予算に合わなければキャンセルOKなのが安心なポイント!

向いてる人向いていない人
簡単に頼みたい
電気工事のプロにお願いしたい
工事を安心して全てお任せしたい
口コミが見たい
最安値の工事業者を探している
聞いたことない会社に依頼するのが不安
電気の工事屋さん限定特典

\HP限定1,000円割引クーポン!/

家庭専門の電気工事店だから安心

くらしのマーケットの情報
  • 依頼者が多くの口コミから依頼したい業者を選択できる
  • 費用の「相場」がわかる
  • アプリで簡単予約・問合せ

「公式サイトを見てみる」

会社の情報

「くらしのマーケット」では、普通の会社員や主婦の人が自分の得意なことを売り、その得意なことで困っている人をつなげてくれるサービス。

例えば掃除や洗濯などが苦手な人は、キレイにするのが好き、汚れを取るのが好きな人の「得意なこと」をお願いしてお任せすることができます。

ブレーカー交換も同じく、普段工事店で勤めている人や以前工事店に勤めている人がスキマ時間を使って、ブレーカーを交換してほしくて困っていることを解決してくれます。

「くらしのマーケット」は実際に利用した人からのブレーカー交換をした業者の口コミを見ることができ、料金の安さ+口コミの評価が高い業者に安心して依頼することができます。

くらしのマーケットの中で紹介している業者の平均を集計してブレーカー交換の「相場」がわかるので、費用が高すぎる業者に依頼せずに済みます。

費用以外にも、実際に作業してもらう場合にも大切な「清潔感」「気さくな対応」「細やかなサービス」など要望に合った口コミから選べます。

向いてる人向いていない人
安くお願いしたい
依頼する業者の口コミが見たい
工事を安心して全てお任せしたい
業者を探すのが面倒
忙しくて口コミを見る時間がない
工事の費用が少々高くても問題ない

\数多くの口コミで比較して安心/

あなたが探している最安値の業者が必ず見つかる

ミツモアの情報
  • かんたん2分で依頼できる
  • あなたのお住まいのプロを5社紹介して業者を選ぶ
  • 気に入ったプロを選ぶだけ

「公式サイトを見てみる」

会社の情報

「ミツモア」はブレーカー交換からプロカメラマンまで、あらゆるプロの業種の人たちが登録しており、生活の中で困っていることに対してあなたの地域のプロを一括比較できるサービス

あなたのお住まいの住所と簡単なアンケートに答えると、換気扇の交換ができる業者を5社を紹介してくれ、他の人が採点した評価や口コミから気に入った業者に依頼できます。

かんたん3STEP

STEP
依頼方法
ミツモアの特徴2分で簡単に依頼できる
STEP
プロからの見積
ミツモアの特徴プロから見積が届く
STEP
業者を選ぶ
ミツモアの特徴プロを選ぶ

ミツモアは1つ1つの業者を比較したい人には不向き、あなたの代わりに厳選したプロを一括比較で選んでくれて、その中から業者を決めるので業者を探すのが面倒な人に向いているサービス

向いてる人向いていない人
業者を選んでほしい
一括比較をしたい
口コミで比較したい
1つ1つ調べたい
しっかり比較したい
全ての業者を見たい

\ネットでかんたん一括比較/

あなたのお住まいのプロを紹介

②大手電力会社に依頼する

②大手電力会社に依頼する

現在電気の契約をしているのが大手電力会社と契約している場合には、電気のサポートサービスとしてご家庭の電気に困ったことに対して相談・工事をしてくれる窓口があります。

大手電力会社自体が工事をするわけでないですが、グループ会社のサービス部門の子会社に取り次いで、ブレーカーの交換工事を依頼することができ、大手電力会社なので安心して工事をお任せすることができます。

デメリットとしては、ブレーカー交換に対する調査費用がかかること、どのぐらいの費用がかかるのは要相談する形になるので、しっかりと「ブレーカー交換費用の目安」を覚えておきましょう。

ブレーカーの値段「5,000円~10,000円」

交換する作業費用「12,000円~20,000円」

コバッチ

少し高くても「安心さ」を求める人に向いている依頼方法です。
契約またはお住まいの電力会社に問い合わせしましょう。

大手電力会社のサポートサービス一覧

③電気工事組合に相談依頼する

③電気工事組合に相談依頼する

従業員を雇っている電気工事会社の多くは、営んでいる地域の「電気工事組合」に加入しており、電気工事組合は電気工事について困っているご家庭に向けて登録・加入している電気工事店を紹介してくれるサービスを利用した依頼方法です。

電気工事組合とは、各都道府県の中小企業の電気工事店が互いに協力できるようにサポートするために作られて法的団体のこと。

つまり私たち利用者からみると、小さいところから大きいところまでの電気工事店が載っているホームページだといえ、なにか電気で困ったことに対しての相談窓口にもなっています。

おすすめ度が低いのは、筆者の電気工事店も同様に多くの電気工事店は家庭向けではなく、企業や役所の仕事が多く家庭向けの電気工事は後回しになる場合があるからです。

電気工事組合に相談すると、あなたのお家に近いまたは対応してくれる電気工事会社を紹介してもらえます。

コバッチ

東京を例に説明します。

STEP
公式HPにアクセス

お住まいが東京銀座近辺でお住まいの方と仮定して、まずは「東京都電気工事組合HP」をクリック

STEP
住宅電気工事センターのページを開く

公式HPから「一般のお客様へ」をクリックして「住宅電気工事センター」のページを開きます。

東京都電気工事工業組合の問い合わせ方法
東京都電気工事工業組合の問い合わせ方法
STEP
窓口に連絡

それぞれのお住まいの地域(今回は銀座近辺)の「住宅電気工事センター」の電話番号に電話し、依頼したい電気工事の内容を伝えます。

東京都電気工事工業組合の問い合わせ方法窓口
STEP
後日、窓口から連絡を受けて工事業者を紹介

依頼したい電気工事を伝えた後日、住宅電気工事センターの窓口から工事を担当する業者を紹介してもらい、工事業者と実際の工事費用などを相談して依頼が完了します。

全国地方ごとに電気工事組合の依頼方法は異なることがありますが、わからない場合は公式HPの窓口に連絡し、依頼したい電気工事の旨を説明すると取り次いでくれます。

コバッチ

お住まいの地域別の電気工事組合のリンクはこちら

番外編:自分で直す

番外編:自分で直す

自分でブレーカーを交換することは、電気の専門資格を持っていない人以外にはおすすめできません。

感電する恐れがあるため、電気を取り扱う資格(第一種電気工事士第二種電気工事士認定電気工事従事者低圧電気取扱業務特別教育)を保有していない人が作業する場合には、電気業法違反になるので止めておきましょう。

電気工事士:無資格での電気工事「3万円以下の罰金または3か月以下の懲役」

電気工事業法:無登録・無更新での営業「10万円以下の馬鈞、または1年以下の懲役」

しかしながらどうしても自分で直したい人についても言及しておきます。自己責任でお願いします。

ブレーカー交換・増設するときには文章でいくら説明しても難しいのが現状なので、現在はYoutubeなどの動画を見ながら見様見真似で交換することはできると思います。

またどんなブレーカーを購入したらよいか分からないときには、壊れてしまったブレーカーと同じ型番または同等品をネットで購入することで問題はクリアします。

品番は正面または側面に記載されています。

ブレーカー品番の表示箇所
ブレーカー品番の表示箇所
パナソニック(Panasonic)
¥688 (2023/01/13 20:13時点 | Amazon調べ)

おすすめしないブレーカー交換・増設の依頼方法

おすすめしない依頼方法

ブレーカー交換の工事を依頼するときに、おすすめしない依頼方法がいくつかあります。

一概にすべてダメというわけではなく、この記事でご紹介したサービスの存在を知らず、一番先に思いつきそうな依頼方法ばかりなので「時と場合によっての使い分け」が大切になります。

  • 家電量販店
  • ハウスメーカー・リフォーム会社
  • 近くでの電気工事店

①家電量販店・ホームセンター

ブレーカー交換でお勧めしない依頼方法①家電量販店・ホームセンター

ネットで依頼するのとは違い、お家の近くの家電量販店やホームセンターに行き、ブレーカー交換を依頼することができるサービスがあります。

家電量販店やホームセンターで依頼すると、依頼する店舗が「契約している電気の専門工事業者」が作業をしてくれます。

つまりこのサイトで紹介しているサービスの電気工事店に依頼していることに変わりがなく、家電量販店やホームセンターの手数料を余分に払うことになるのでおすすめしていません。

コバッチ

家電量販店などに依頼するとおトクなときがあります。
それはこんな場合です。

家電量販店・ホームセンターでブレーカー交換工事を頼むときにおすすめな方法

エアコンや乾燥機やIHなどを家電量販店やホームセンターで購入して、ブレーカー交換が必要な場合に「設置工事とブレーカー交換を一緒に依頼する」

こんなときはあなたが業者を探す手間も省け、一緒に作業することで費用が安くなる場合があります。

時間も節約できて、お金も節約できて、手間も省くことができるのでエアコンや乾燥機を家電量販店やホームセンターで購入して設置工事を依頼するときには一緒にブレーカー交換・増設もお願いしましょう。

②ハウスメーカー・リフォーム会社

ブレーカー交換でお勧めしない依頼方法②ハウスメーカー・リフォーム会社

ハウスメーカー・リフォーム会社は「建築のプロ」であって、電気工事のプロではありません。

ハウスメーカー・リフォーム業者は外壁塗装から雨漏り修理、ガーデニング工事など多くの業者を取りまとめる役割なので、使い分けをしましょう。

あなたがリフォーム会社にIHクッキングヒーターなどキッチンのリフォームをする場合にブレーカー交換が必要なときにはおすすめできる依頼方法ですが、ブレーカー交換だけの工事を依頼することはおすすすめしません。

あなたと電気業者の間にハウスメーカー・リフォーム会社が入ると仲介手数料だけとられ損をします。

ハウスメーカー・リフォーム会社の仕組み
  • リフォーム業者は作業しない
  • 仲介手数料だけが取られる
  • 実際作業するのは専門業者
コバッチ

なにかリフォーム工事の部分でお願いする分にはいいですが、ブレーカー交換だけだと費用が高くおすすめできない、、、

③家の近くの電気工事店

ブレーカー交換でお勧めしない依頼方法③家の近くの電気工事店

あなたのお住まいの近くにある電気工事店に依頼する方法は、自信を持っておすすめできるかと言えば"何とも言えない"が本音になります。

お住まいの近くにある電気工事店は、個人経営で戸建住宅などの小さな物件の電気工事を営んでいたり、家電製品の仲卸だけをやっていたりとその実態はあいまいなことが多いことが原因です。

電気工事は数が多く幅広い種類があり、その中でもエアコン工事が得意な工事店・ブレーカー交換が不得意な工事店などがあり、電気についての相談はできますが「工事店によって当たり外れがある」ことは理解しておきましょう。

ブレーカー交換・増設の依頼方法でよくある質問7選

ブレーカー交換・増設の依頼方法でよくある質問7選

ブレーカーを交換することがめったにない人にとって、初めてブレーカー交換する人の気になる、よくある質問7選をご紹介していきます。

①自分で直すことについて

ブレーカー交換は自分で直しても大丈夫ですか?

電気を取り扱う資格がある人は大丈夫です。

感電する恐れがあるため、電気を取り扱う資格(第一種電気工事士第二種電気工事士認定電気工事従事者低圧電気取扱業務特別教育)を保有していない人が作業する場合には、電気業法違反になるので止めておきましょう。

電気工事士:無資格での電気工事「3万円以下の罰金または3か月以下の懲役」

電気工事業法:無登録・無更新での営業「10万円以下の馬鈞、または1年以下の懲役」

②ブレーカーの種類やメーカーについて

ブレーカーを交換するときのおすすめメーカーの種類がありますか?

ブレーカーを交換するときには基本的に今ついているブレーカーと同じメーカーが望ましいです。

ブレーカー増設するときも同様に、ブレーカーを収納する分電盤の大きさなどに合わせて各メーカー、ブレーカーを作っているので今ついているブレーカーと同じものを選びましょう。

③ブレーカー交換・増設の注意点について

ブレーカー交換・増設するにあたって注意点はありますか?

ブレーカーを交換するときには、感電を防止するためにお家にブレーカーすべて落とす必要があります。

パソコンやレコーダーなどの停電することで故障の原因になる家電製品などをシャットダウンする必要があります。

作業時間は1時間~2時間程度で完了するとはいえ、夏場のときには冷蔵庫などが止まってしまうため、冷蔵・冷凍食材にも気を付ける必要があります。

④ブレーカーが増やせないときについて

ブレーカーが増やせないときはどうすればよいですか?

ブレーカーが増やせない理由として、いくつか考えられます。

ブレーカーを取り付ける場所がない場合には、今設置している近くに小さい分電盤を設置することで増設することが可能です。

ブレーカーの容量が足らない場合には、大元であるブレーカー容量を変えるなどの手続きが必要になるので、お近くの大手電力会社に相談しましょう。

⑤良い業者の見分け方について

ブレーカー交換の良い業者の見分け方はありますか?

ブレーカー交換は電気の専門資格を持っている人に限りますが、特に電気工事の中で難しい工事ではありません。

良い業者の見分け方としては「実績」「対応力」「価格」の3つが見分けるポイントです。

「実績」・・・ブレーカーを実際に設置・修理した数が多いと作業をお任せできる安心さがあります。

「対応力」・・・どこが原因で故障したのか、あなたの質問にしっかりと答えてくれるか、作業の気遣いができているのか、など一度ブレーカーを交換してもらうときの現地調査でしっかりと質問してみましょう。

「価格」・・・ブレーカー交換費用の目安やあなたが出せる修理費用を超えた請求額があった場合は不当な金額かもしれません、そのときには他の業者にも見積を頼んでみましょう。

⑥マンションのブレーカー交換について

賃貸マンションの換気扇は勝手に修理・交換していいのですか?

賃貸契約によって異なるので、大家さんの所有物の可能性もありますので確認するようにしましょう。

大家さんの所有物だった場合、お家の修理自体は大家さんが直す義務がある場合があるので、大家さんまたは管理会社に一度問い合わせをしてみましょう。

市営住宅の考え方は、基本的に住居者負担する場合があるのでこちらも管理会社に問い合わせをしてみましょう。

⑦お問い合わせについて

ブレーカー交換費用が騙されてないか知りたい時はどうしたらいいですか?

詳しく知りたいときは、当サイトのお問い合わせからご連絡をお願いします。

見積もり金額と依頼した内容を送信していただければご回答致します。

折り返しご連絡を行い、詳細なブレーカー交換箇所・品番などの写真などを送付してもらうとより適正な金額かを判断することができます。

ブレーカー交換・増設工事をどこに頼むか業者の見つけ方のまとめ

ブレーカー交換・増設工事をどこに頼むか業者の見つけ方のまとめ

ブレーカーが落ちて上がらないときの原因を解消するために、使用した電化製品のコンセントを抜いてブレーカーが入るかを確認して、ブレーカーが悪いのか・電化製品が悪いかの原因を特定しましょう。

そこからブレーカー交換を頼む際には感電する恐れがあるので、専門資格をもった工事業者に依頼しないといけません。

ブレーカー交換費用の目安を知って、電気の事故から火災につながる可能性もあるので、あなたの大事なお家を守るために安心安全にブレーカー交換することをおすすめします。

わからないことがあれば下記の問い合わせフォームから気軽にご質問ください。

エレマップ問い合わせフォーム

コバッチ

ブレーカー交換以外にもお家の電気工事で困ったことをご紹介しています!

お家の電気工事で困ったことを解決するエレマップでは電気工事の費用の相場から修理・交換などのおすすめのサービス、商品をわかりやすく解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

電気工事士歴10年以上|年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績から得た知識でお家の電気についてわかりやすく解説しています。
お家の電気工事|電力会社の比較|電気代を安くする方法|光回線の情報を常にアップデート。

記事の内容