『5分でわかる』オール電化にしたい人!やめたい人!後悔しないリフォーム工事の依頼方法

こんな方にお役に立てる記事
  • オール電化にしたい
  • オール電化をやめたい
  • どこに頼めばよいかわからない
  • 工事費用の目安が知りたい
  • メリット・デメリットを知りたい

2030年以降には日本すべての住宅の約20%はオール電化住宅になると注目が予想されています。

オール電化にしたい方に知ってほしい、オール電化の魅力のメリットからデメリットまで包み隠さずお伝えし「後悔しないリフォーム工事の依頼方法」を現役電気工事士が分かりやすく解説していきます。

実はオール電化住宅に引っ越してから数年使い始め、やっぱりオール電化よりもガスコンロやガス給湯器のほうがよかったと「オール電化をやめたい方」が一定数いるので、オール電化をやめたい人の反対意見も知ることができます。

工事にかかる費用は高額なので、良い所も悪い所も「しっかりと把握して納得することが大切」

今のお住まいのお家がオール電化住宅で、やっぱりオール電化からガスコンロやガス給湯器に戻したいあなたにも伝えたい「オール電化をやめるガス工事の依頼方法」をご紹介していきます。

コバッチ

では解説していきます。

早く教えて
この記事の結論
  • 「メリット」は安全性が高く、火災保険・電気代が安くなる
  • 「デメリット」は初期費用・メンテナンス費用・光熱費が高い
  • 少なくとも3社の相見積もりで適正価格を知る
  • オール電化にしたい人はメーカー・アフター保証・相談できるリフォーム会社を選ぶのがポイント
  • オール電化をやめたい人は製品保証・処分費・撤去後のイメージを伝えてくれる大手ガス会社を選ぶのがポイント

  • 電気工事士歴10年以上
  • 独学で取得した資格15個
  • 年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績
  • 売上1億円以上を5年以上継続
  • 官公庁・民間合わせて500件以上の工事を経験
筆者の情報
コバッチ

運営者プロフィール・Twitter(@cobacchi_blog

お家をオール電化にしたい・変える依頼方法をすぐに見る方は≫≫≫コチラ

オール電化をやめたい・ガスに戻す依頼方法をすぐに見る方は≫≫≫コチラ

記事の内容

オール電化とは

オール電化住宅

「オール電化」とは、お家の生活に使用する機器製品がすべて電気で動くことを指します。

お湯を沸かしたり、調理する火を使うのは給湯器、コンロなど「ガス」を使用する製品が主流でした。

2002年からガス給湯器と同じ役割をもつ、電気で動く電気式給湯器”エコキュート”ができ、火を使わず電気の熱で調理するIHクッキングヒーターを組み合わせた今のオール電化住宅の基本ができました。

近年では地球環境に配慮した二酸化炭素排出をしない太陽光発電や電気式床暖房などもオール電化製品の1つになります。

お家の電化製品をすべてを電気を使う電化製品にせず、IHクッキングヒーターだけの取替という選択肢もあります。

コバッチ

一部の製品を電化製品に変える人もたくさんいるよ。

オール電化で変わる家電

オール電化では今までは「ガス」動いていたお家の電化製品が「電気」で動くことで、お湯が早く沸いたり、火を使わず安全の高い電気の熱で調理できる電化製品に置き換わりました。

エコキュート

エコキュート

「エコキュート」とは電気で動く電気式給湯器のことで、エアコンと同じ空気の熱を利用してお湯を沸かす家庭用給湯システム。

ガス給湯器との違いは、お湯を使う度にガスを使いお湯を沸かすガス給湯器とは違い、電気代が安い夜にお湯を沸かしてお湯を貯めておくことで電気代が安く、火を使わないことで安全性に優れています。

エコキュートはお湯を沸かす「ヒートポンプ」とお湯を貯める「貯湯タンク」の2つで構成され、エコキュートにするにはヒートポンプ、貯湯タンクをベランダや屋外に置くスペースが必要になります。

エコキュートのタンク容量貯湯ユニットヒートポンプユニット
370LH1,825×W630×D730mm
質量約60kg
H735×W825×D300mm
質量約50kg
460LH2,175×W630×D730mm
質量約70kg
H735×W825×D300mm
質量約50kg
550~560LH2,100×W700×D825mm
質量約75kg
H735×W825×D300mm
質量約50kg
H=高さ、W=幅、D=奥行

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター

「IHクッキングヒーター」とは電気の熱で調理できる調理器具のことで、内部の金属に電流を流して調理器具自体を発熱させる仕組み。

ガスコンロとの違いは、IHクッキングヒーターの方が熱が伝わりやすく加熱スピードが早く、火を使わないことで火災の心配がなく、基本的には拭き掃除だけでOKで掃除がしやすい。

火がないことで気づかず高熱部に触ってやけどする心配がありますが、高温注意ランプ(光るリング)が光っているときには高温になっていると一目でわかる安全防止対策があるので安心です。

電気式床暖房

電気式床暖房

「電気式床暖房」とは電気の熱で冬場の寒いフローリングや畳を温める暖房器具のことで、電気ヒーターを発熱させて床面を温める仕組み。

ガス式床暖房と電気式床暖房の違いは、ガス式床暖房の方が暖まる時間が早く初期費用やランニングコストが安いことから床暖房は「ガス式」を採用している人が多いです。

オール電化の電気代の目安

オール電化ではすべて電気で動く電化製品になるので気になるのが「電気代」

新人くん

オール電化の1か月の平均電気代はこちら

オール電化の平均月額電気代

「オール電化の電気代」とそれ以外のご家庭の「電気代+ガス代」の料金を年間平均で比較します。

年間にかかる費用オール電化電気代+ガス代
一人暮らし134,664円105,636円
二人暮らし168,588円168,036円
三人暮らし187,056円191,916円
四人暮らし208,922円203,004円
オール電化の電気代平均は関西電力調べ、電気代+ガス代の年間平均は2020年総務省調べ

オール電化と電気代+ガス代の年間平均で比較すると一人暮らし以外はあまり差がなく、オール電化にしたからといって「光熱費が安くはあまり変わらない」ということに注意が必要になります。

オール電化を始めるメリット

「オール電化」にしたい人・始めたい人に向けてオール電化のメリットを具体的にあなたの生活に落とし込んでわかりやすくその魅力をお伝えします。

オール電化のメリット5選
  • 光熱費が電気代だけになり節約しやすい
  • 災害の復旧が早い
  • 安全性が高い
  • 火災保険が安くなる
  • キッチン周りが掃除しやすい

光熱費が電気代だけになり節約しやすい

オール電化のメリットの1つ目は「光熱費が電気代だけになり節約しやすい」ことになります。

オール電化以外のご家庭の場合、ガス代と電気代の会社も分かれており請求もバラバラで光熱費を安くしようとすると、ガス代や電気代を2つとも節約したり、ガス会社や電力会社を変更して安くする方法がありますがとにかく手間がかかります。

オール電化の場合は、電気代が高いと思ったらオール電化向けの料金プランの「オール電化プラン」がある電力会社に変更したり、または電気を節約したりと「光熱費を安くする手間が半分」になります。

オール電化プランでは、お湯を沸かす給湯器(エコキュート)は深夜にお湯を沸かし、大きな魔法瓶のようなタンクにお湯を貯めているので、夜間の時間帯に電気代が安く休日などの電気の利用が多い時間帯にも電気代が安い特徴があります。

オール電化料金プランの特徴

引用 Looopでんきスマートタイムプラン

オール電化プランで安い電力会社を知りたい方は、全国の地域別でまとめた「オール電化プランの電力会社ランキング」をチェックしてみてください。

災害の復旧が早い

日本は世界にも稀にみる「地震が多い国」です。

記憶を呼び戻せば阪神淡路大震災にはじまり、東日本大震災、熊本地震これからの未来には南海トラフ大地震も予想されているほど大きな地震で私たちの生活に甚大な影響を与えています。

地震が起きたときには、ガス・水道・電気がすべて止まる中、ライフラインの中で復旧スピードが一番早かったのは「電気」です。

災害復旧の早い順番

引用 新潟県防災局

ガスは1週間、水道は半月~1か月、都市ガスは1か月半かかる中、電気は2日で復旧したことから夏場の暑い時期や冬場の寒い時期にエアコンや暖房が使える照明が点くなど「オール電化は災害の復旧が早い」というメリットがあります。

現在は太陽光パネルを設置しているお家では、災害時などで停電が起きた際でも普段通りの電気が使用するお家も増えています。

安全性が高い

ガス給湯器やガスコンロと違い、オール電化では火を使うことがありません。

IHクッキングヒーターは、やけど防止に高温注意ランプ(光るリング)や空炊き防止機能で自動的に止まったり、チャイルドロックなど子供にも配慮した安全機能が付いているので、小さな子供がいる家庭でも安心。

ガスコンロでは、よくある日の消し忘れや旅行などに出かける際にガスの元栓を切ったり確認する必要がなく、使い勝手が良いとも言えます。

ガス給湯器も同様にガスを利用してお湯を沸かすため、故障などの不具合・災害時には内部で引火し、火災のリスクがあるのに対し火を使わず電気でお湯を沸かすエコキュートでは、災害時に貯湯タンクにお湯が残っていれば、そのお湯を生活用水として使用することもできます。

火災保険が安くなる

オール電化では火を使わないことで火災を防げることからガスコンロ・ガス給湯器を使うお家と比べて「火災保険が安くなる」

火災保険はオール電化住宅であっても、放火や引火の可能性があり解約することはおすすめできませんが、保険会社によって「オール電化住宅割引」があり火災保険の値段が安くなります。

オール電化割引があるAIU保険会社の場合、約22%の割引になっており、新築戸建て住宅では20年以上お家を守る火災保険の料金が安くなる。

火災保険が安くなる

引用 AIU保険会社

キッチン周りが掃除しやすい

思い返してください、毎年の年末に大掃除をするときに苦労する場所といえば「ガスコンロの油汚れ」

ガスコンロの油は日々の調理でたまりにたまった頑固な油が付着して、なかなか落とすことが大変で、油落としの洗剤は強力なので洗剤で肌が荒れやすい人には掃除をするのにさらに大変です。

IHクッキングヒーターの表面(トッププレート)はガラス素材のため、基本的に汚れが付いていても水や中世洗剤を使ってさらっと布などで拭くだけで汚れがおち「掃除する手間がラクラク簡単」

キッチンを「キレイに保ちたい」あなたにオール電化はピッタリ

オール電化を後悔・やめたい人が思ったデメリット

電気の工事屋さんの悪い口コミ

続いては、実際にオール電化を数年利用してから、オール電化をやめたいと思っている方の意見を知れるオール電化のデメリットをご紹介していきます。

オール電化のデメリット
  • 電気代が高くなった
  • お湯を使い切ると再びお湯を使うまで時間がかかる
  • 停電したら照明も暖房も風呂も使えない
  • メンテナンス費用がかかる
  • 初期費用が高い

電気代が高くなった

オール電化住宅でお住まいの方で電気の料金プランを「オール電化プラン」にしている方でもオール電化プランの特徴を把握せずに利用すると電気代が高くなったという意見があります。

電気の料金プランの「オール電化プラン」は夜間の電気代が安く、昼間の電気代が高いので平日でもお家で仕事する在宅ワーカーや専業主婦の方で電気を多く使うご家庭、土日はお出かけをせずお家にいることが多いご家庭は電気代が高くなります。

オール電化プラン
メリット
オール電化プラン
デメリット
  • 夜・休日の料金が安い
  • 夜に電気を使う電化製品の電気代が安くなる
  • 昼間仕事でお家にいないご家庭に向いている
  • 昼間の電気料金が高い
  • 深夜に使う電化製品はタイマーセットなど工夫する必要がある
  • 昼間に電気を使用することが多い場合はオール電化プランではない方が安い場合もある

オール電化プランの特徴を上手に利用するには、電気を多く使用する電化製品(乾燥機付洗濯機・食洗機)は夜間にタイマーセットを利用すると電気代が安くなります。

お湯を使い切ると再び使うまで時間がかかる

エコキュートを利用している住宅では、電気ポットと同じくお湯を沸かす保温している貯湯タンクの中のお湯を全て使い切ると、お湯を沸かすのに時間がかかってしまいます。

エコキュートのお湯を沸かす時間の目安タンク容量が370Lの場合、80℃の「お湯を沸かすのにかかる時間は8時間」なので、冬場にお湯を使い切るとお風呂に入れない、洗い物などに影響が出てきます。

最適な貯湯タンクの容量でお湯切れを防ぐ

メーカーの目安では使用する家族人数の目安として公表してますが、お風呂に入るのが多いお湯をたくさん使うお家では、目安の家族人数より少し上の貯湯タンクを選ぶとお湯切れがなく安心。

貯湯タンクの容量使用する家族人数の目安
300L2人~4人
370L3人~5人
460L4人~7人
560L5人~8人

エコキュートの設定を変える

エコキュートは、お家で使った過去1週間程度のお湯使用量を平均して「お湯を沸かす量を決めている」自動運転のおまかせ機能があります。(メーカーによって呼び方が変わる学習モードなど)

シャワーだけでよかった夏場から寒くなる冬にかけてお風呂にお湯を貯めたいのにお湯が切れる場合は、お任せ機能から「沸き増し」「自動運転の切り替えをやめる」対策でお湯切れを防げます。

コバッチ

便利すぎる機能も気づかない欠点が、、、

停電したら照明・暖房・キッチン・お風呂すべて使えない

オール電化の弱点としては、家電製品すべてが「電気」で動くので、停電が起こると照明・暖房・キッチン・お風呂が使えなくなります。

ガス・水道がすべて止まる地震以外で停電が起きる理由は様々あります。

  • 電気を送る電線に樹木などがぶつかってしまう
  • 鳥の巣作りなどで電線が漏電して停電
  • 強い雨風や台風による影響
  • 落雷による異常電圧を防ぐため
  • 大雪に伴う積雪の影響

都市ガスやプロパンガスのお家などでは、ガス給湯器でお湯を使えるのでお風呂や洗い物などは問題なく使うことができ、灯油ファンヒーターや床暖房も使えるので冬場の寒いときに停電しても安心。

メンテナンス費用がかかった

オール電化の電化製品にもガスコンロやガス給湯器と同じく、寿命や故障などによるメンテナンス(修理)費用が掛かります。

オール電化の電化製品の交換目安はガス機器に比べ長いですが、交換するときにかかるメンテナンス費用がガス機器に比べ約2~3倍以上が高くなります。

ガス給湯器エコキュート
交換目安10年10年~15年
取替費用15万円50万円
1年にかかるトータルコスト1.5万円3.3万円
ガスコンロIHクッキングヒーター
交換目安10年10年~15年
取替費用10万円10万円~30万円
1年にかかるトータルコスト1万円2万円

オール電化にする場合には、長期間のトータルコストを考えよう。

オール電化製品のメンテナンス費用が割高なために故障や寿命などで取替をするタイミングで「オール電化からガスに切り替える」人が多くいます。

初期費用が高い

最初からオール電化のお家と比べて、途中でオール電化にしたいと思ったときには取替工事が必要で、その初期費用が高いデメリットがあります。

エコキュート+IHクッキングヒーターでは60万円~100万円、部分的な取替工事もできIHクッキングヒーターのみでは10万円~40万円、エコキュートのみでは30万円~60万円が目安になります。

逆にオール電化からガス機器に変更する場合は1/3程度の費用に抑えることができ、ガス給湯器+ガスコンロは20万円~30万円、部分的な取替工事では、ガスコンロのみでは10万円以下、ガス給湯器のみでは15万円程度が目安。

リフォーム工事会社によっては初期費用を分割で支払うことが可能

オール電化、ガス機器どちらにしろ、初期費用は10万円以上かかるので家庭にとっては大きな出費になるので納得して決めることが大切」

オール電化「工事の依頼方法」はリフォーム会社が最適

オール電化の工事の依頼方法

今の住んでいるお家のガス機器をオール電化に変えたい人の多くがガス給湯器を「エコキュート」に、ガスコンロを「IHクッキングヒーター」に交換することが多く、どちらか一つだけを変えることもできるので好みに合わせて依頼しましょう。

オール電化にしたい場合、どこに工事を頼むのがおすすめか、なぜおすすめなのか逆に悪いとこも知りたい方に具体的に分かりやすく説明していきます。

オール電化工事の依頼方法は大きく3つあります。

3つの依頼方法
  • リフォーム会社
  • 家電量販店やホームセンター
  • 電気工事店に依頼する
スクロールできます
依頼方法

リフォーム会社
お家の工事全てに対応
独自の保証内容がある
工事のやり取りがスムーズ
実績があるかすぐに分かる
担当者スタッフに
よって当たり外れがある
会社によって
得意・不得意な工事がある

家電量販店
ホームセンター
最新電化製品
幅広いラインナップ
製品保証はバッチリ
担当者が付かない
オール電化製品以外の
工事には詳しくない
製品保証しかつかない

電気工事店
電気に詳しい
電気工事が得意
オール電化を専門に
している工事店は少ない
電気工事しかできない
依頼方法の比較

「リフォーム会社」

オール電化の工事は電気工事から水道工事・ガス工事、大工工事(キッチンリフォーム)と様々な工事が発生します。

リフォーム会社はすべての工事に対応ができ、それぞれの工事をまとめる役割なので「キレイ・おしゃれなキッチンにしたい」「壁材をタイルにしたい」など、あなたの希望する要望に応えてくれます。

それぞれのお家ごとにリフォーム会社の担当者が付くので、あなたが思っている不安なことやわからないことは担当者に何度も納得がいくまで相談できることも大きなメリット。

工事の安心が「ダントツで一番」

工事の実績や実際にリフォーム会社を利用した人の口コミが見れるので、もしリフォーム会社に依頼するかを悩んでいるときには実績や口コミをみて安心して依頼することができる。

リフォーム会社は「工事完了後のアフター保証」があるので、なにかあったの時のトラブルや定期点検に対応してくれることが他とは違う。

デメリットは基本的に誰にでも親切に対応してくれますが、どうしてもあなたの好みに合わない人も中にはいます、言い出しづらいときには、担当者以外のリフォーム会社に一度相談することができます。

オール電化工事におすすめなリフォーム会社を知りたい人は≫≫≫コチラ

「家電量販店・ホームセンター」

家電量販店・ホームセンターの魅力はなんといっても最新電化製品が揃っていることに加え幅広いラインナップがあることで自分に好み合ったデザインや機能のものを選ぶことができます。

また製品保証も他の依頼方法とは違い、独自の製品保証サービスで基本的に1年保証のところ3年~5年などの長期保証がついていることも家電量販店・ホームセンターの独自のメリット。

デメリットとして、電化製品の取扱は得意だが工事をする業者はすべて外部委託の工事業者が担当するので、実質の工事について詳しくはありません。

オール電化製品を設置するときにはキッチンのサイズが合わない、壁材を変える必要があったり、設置に対してなにかアクシデントがあったときの工事の対応は不安が残ります。

「電気工事店」

オール電化を依頼するときに一番に思いつくのが電気工事店だと思います。

オール電化の工事において電気工事ですることは少なく、その他の水道工事やガス工事がメインの工事になるので、水道・ガス工事は「電気工事店では専門外・対応できない」なのを知っておきましょう。

あくまで電気工事店は電気のことに誰よりも詳しいですが、オール電化の工事は複数の工事(水道・ガス・大工)が組み合わさった工事なので、電気工事店に依頼することはおすすめしません。

現役電気工事士である筆者が伝えたいおすすめしない依頼方法は電気工事店

オール電化の工事費用の目安

オール電化の工事費用の目安は「60万円~100万円」部分的(キッチンだけ)にオール電化にする工事費は費用が違い、全部をオール電化にしたい人は一度に工事を依頼する方が工事費が安くなります。

コバッチ

費用の目安は損をしないためにも覚えておこう!

オール電化にする
電化製品
工事費用の目安
エコキュート+
IHクッキングヒーター
(スタンダード)
60万円~100万円
エコキュート30万円~60万円
IHクッキングヒーター10万円~30万円
電気式床暖房10万円~20万円
浴室乾燥機付ユニットバス150万円
太陽光パネル150万円

工事費に振れ幅(60万円~100万円)がある理由は、オール電化製品が最新のものなのか取扱メーカーによって、工事会社によってさまざまな理由が考えられるので目安の工事費以上は高い場合は注意が必要

オール電化にする工事の初期費用は高額なので、分割で支払いができる会社を選ぶ基準の1つになります。

リフォーム会社の選び方のポイント

リフォーム会社の選び方のポイント

実際に工事を依頼するときにリフォーム会社のココだけは押さえておきたい選び方のポイントに注意して後悔しないオール電化工事を依頼しましょう。

「取扱メーカーの豊富さ

基本的にどのリフォーム会社でも取扱メーカーが1つということは少なく、あなたの希望に合わせた価格、デザインや機能が選べるように取扱メーカーPanasonic,ダイキン工業、三菱電機、ダイキンなどを取り扱っているかが大事になります。

1社のみを取り扱っている場合には、多く仕入れて安く手に入るメリットがあるのでメーカーはココがいい!と決まっている人には問題ありません。

「相談できる担当者がいる」

工事やオール電化製品が詳しくないのは当たり前です、あなたが悩んでいることや不安に思っている工事やオール電化製品について気軽に分かりやすく専門用語を使わずに「相談できる担当者」がいるかを確認しましょう。

工事費用の面から工事の流れ、工事完了後のアフター保証まですべてをお任せできると思える担当者がいるといないとでは頼んでよかったと後悔しないと言えるに非常に重要なことです。

「アフター保証」

オール電化の工事が終わったからこれでやっと終わった!ということではありません。

工事完了後、オール電化製品を使っていくのはこれから使い続けるお家のあなたです、使い方がわからないことや万が一のトラブルが起こる可能性があった場合に「アフター保証」が大事になってきます。

製品保証は当たり前、工事完了後の相談無料や3か月や半年に一度の定期点検など「工事に関わるアフター保証」があるかないかで大きく違います。

「相見積もりOKな会社」

相見積もりとは複数の会社に見積依頼をしてオール電化工事の工事費を比較すること。

「1つの会社だけで見積をして決めるはNG!」

相見積もりをすることで値引き交渉ができることや最初の工事費が10万円~違ってくることもあるので、初期費用が高いオール電化の工事であるからこそ「相見積もりは一番大事」になります。

相見積もりがNGな会社は「他の会社と比べられると困る」という意味で、自分の会社に決めてほしいことや他の会社と契約する前に契約を急がせたり相見積もりNGな会社に依頼すると損をします。

リフォーム会社のおすすめBest3

リフォーム会社の選び方のポイントをふまえてオール電化にしたい人に「おすすめBest3」のリフォーム会社をご紹介していきます。

コバッチ

利用者満足度で選ぶと新日本住設
費用を安くしたいならホームプロ
時間がある方はBest3全てを相見積
面倒な人はどれか1つでもOK

スクロールできます
サービス会社
新日本住設

ホームプロ

タウンライフ
オススメ度
運用年数8年(2013年設立)20年(2001年設立)18年(2003年設立)
実績2年連続リフォーム
総合部門1位
Panasonic販売
コンテスト1位
リフォームサイト
利用者No.1
利用者数90万人
満足度90%
利用者満足度
使いやすさ
サイト利用者
安心度No.1
担当者の有無あなた専属
アドバイザー
リフォーム会社の担当リフォーム会社の担当
取扱製品Panasonic
TOTO、LIXIL
リフォーム会社に
準ずる
リフォーム会社に
準ずる
工事保証8年保証
定期点検無料
緊急トラブルにも対応
工事完成保証
1年以内の工事
瑕疵担保
リフォーム会社に準ずる
紹介会社数新日本住設1社あなたの地元優良
リフォーム会社
最大8社
厳しい審査をクリア
したリフォーム会社
1社~3社
対応エリア関西・愛知・静岡
福岡・香川・石川
全国に対応全国に対応
相見積OKOKOK
特徴完全自社施工だから
安心・安く高品質の
Panasonic製品を
大量一括仕入れで
他にはない格安提供
加盟店1,200社を
一括比較できる
匿名でも見積OK
リフォーム会社の
口コミが見れて安心
加盟店300~400社を
一括比較できる
加盟店の少ない理由は審査の厳しさ
厳選された加盟店から
一括比較できる
詳細な情報公式HPはコチラ

Best1「新日本住設」は高品質のPanasonicで品質と保証が充実

「新日本住設」は関西を中心に、オール電化(エコキュート、太陽光発電)を得意とするリフォーム会社。

なぜ「新日本住設」がBest1なのかは、リフォーム会社は、外壁・塗装・屋根・キッチンなどの会社によって得意分野リフォーム場所が違います、オール電化を得意とし工事保証・実績・専属の担当者など充実している「新日本住設がBest1」といえます。

対応地域が「関西・愛知・静岡・福岡・香川・石川」と限定になるので、対応地域外の人はリフォーム一括比較サイトを利用するのがオススメです。

こんな人に向いている
  • 高品質のパナソニックが良い人
  • アフター保証が充実してほしい人
  • 品質も安さも重視したい人

【安心サポート充実・後悔しないリフォーム会社】

あなた専属の担当者がサポート

新日本住設のサポート

リフォーム工事は生涯に一度しか経験しないぐらいほとんどの人がリフォーム工事のことを知らないのが当たり前です。

新日本住設は、オール電化工事のやり方や不安なこと、一番大切な工事金額など、リフォーム工事が初めての方にも疑問や不安を解消する「専属の担当者」が付いてるので、後悔しないリフォーム会社。

コバッチ

しっかりと納得できるまであなたをサポート!

高品質のPanasonicを採用

新日本住設の安さの秘密

エコキュートやIHクッキングヒーターは高品質・多機能・長寿命が売りの「Panasonic」を取り扱っているので品質の心配はありません。

Panasonicを取り扱うデメリットとして価格が高いことがありますが、新日本住設では取扱メーカーをPanasonicだけにすることでPanasonicのオール電化製品を大量に仕入れることでその分価格を抑えることができデメリットを解消しています。

なるべく工事費用を抑えたい人にもGOOD!

唯一無二のアフター保証

日本住設の安心アフター保証

新日本住設を一番におすすめしたい一番の魅力が「工事完了後のアフター保証」です。

一般のリフォーム会社は、工事完了後のアフター保証は製品保証の1年~2年だけに対して、新日本住設は「8年保証」「定期点検無料」「緊急トラブル対応」の3つの安心サービスがあります。

製品保証の差は約8倍あり、工事完了後にも1年に1回無料の定期点検があるので万が一の故障や使い勝手に悩む人など工事が終わってからのメンテナンスサポートが充実しており、もちろん緊急時のトラブルにも対応してくれる心強い保証内容。

アフター保証が他のリフォーム会社と大きく違う!

\安心サポート充実・後悔しないリフォーム会社/

Best2「ホームプロ」は工事会社の口コミが見れて安心の一括比較サイト

「ホームプロ」は数多くあるリフォーム会社を1つ1つ選ぶのが大変な作業を省いて、あなたのお住まいの地域に対応する地元リフォーム会社最大8社を一括比較してくれるサービスを提供するサイト。

一括比較サイトの中でも「ホームプロ」は加盟店1,200社の全国幅広いエリアに対応していることで「リフォームサイト利用者No.1」多くの人が利用している安心な一括比較サイト。

こんな人に向いている
  • 複数の会社を比較したい人
  • 忙しくて調べる時間が少ない人
  • お願いする工事会社の口コミを見たい人

【利用者No.1・匿名検索・口コミが見れる比較サイト】

ココが違う「匿名で検索OK」

リフォームプロは匿名で検索OK

インターネットで一括比較をするときに気にすることの1つが「個人情報」登録するときに個人情報を登録することでしつこい営業やメールが届くなどのわずらわしい一括比較サイトもあります。

ホームプロは「匿名で検索できる」ことが他の一括比較サイトにない魅力の1つです。

匿名で検索することができることで、簡単に一括比較して見積がすることができ、個人情報の漏洩やしつこい営業や迷惑メールなどがないので快適に一括比較できることがホームプロの強み!

匿名で安心・安全に利用できる

リフォーム会社の口コミが見れるのがスゴイ

リフォーム会社の口コミがわかる

一括比較サイトで困るのが、実際サイトで比較したリフォーム会社が何社か見つかったとしてもその会社の実績や口コミがわからず、ただただ工事費用が安いだけで、工事の質が悪ければ依頼しなければよかったと後悔することになります。

ホームプロでは他のリフォーム比較サイトにはない、比較した「リフォーム会社の口コミが見れる」ことができるので、実際に利用した人たちの口コミをみながら納得したリフォーム会社を選べます。

新人くん

悪い口コミもしっかり把握したい人にピッタリ!

独自の保証はホームプロだけ

オリジナルの工事保証

一括比較サイトはホームプロ以外にも数多くあり、あくまでもあなたの地域に合わせてリフォーム会社の工事金額を比較するだけのサイトが多数です。

ホームプロはリフォーム会社を一括比較だけではなく、実際に工事するリフォーム会社の工事保証の他に「工事完成保証」という1年以内に工事に対する不備があった場合などを独自の保証サービス。

一括比較だけして、後はリフォーム会社に丸投げといった無責任な一括比較サイトではないので安心。

他の一括比較サイトにはないサービス

\利用者No.1・匿名検索・口コミが見れる比較サイト/

Best.3「タウンライフ」は工事業者の審査が厳しく優良業者のみ

「タウンライフ」はあなたのお住まいに対応するリフォーム会社を一括比較できるサイトで、その特徴は一括比較する加盟店の審査が厳しいので、業者の質が高い特徴があります。

加盟店の審査が厳しいので、他の一括比較サイトのホームプロの加盟店1,2000社と比べて、加盟店「400社」と1/3の数になるので全国に対応しているとはいえ比較するリフォーム会社が少ないのが気をつけたい点になります。

こんな人に向いている
  • 工事業者の質が高いのが良い人
  • 忙しくて調べる時間が少ない人
  • 大手リフォーム会社にお願いしたい人

【厳選した質の高いリフォーム会社を一括比較】

厳選した質の高い加盟店

タウンライフに登録するリフォーム会社はいくつの審査をくぐり抜けたリフォーム会社でないと登録することができません。

加盟店の審査基準
  • 建設業の許可
  • 顧客対応ができる店舗がある
  • リフォーム専任の担当者がいる
  • 建築関連法に過去2年処分されていない

他の一括比較サイトのリフォーム会社の加盟店の審査基準は建設業の許可や実績などが全く不要でも登録することができるので、他にはない厳正な審査基準をもったリフォーム会社で比較するので選ぶときに後悔しない。

リフォーム会社の実績で悩まない!

大手リフォーム会社が加盟店で安心

加盟店400社と比較的少なさの反面、実績のあるリフォーム会社が加盟店に名を連ねています。

タウンライフの加盟店は地元優良リフォーム会社の他に「住友林業のリフォーム」「住友不動産の新築そっくりさん」「ミサワホーム」「パナフォーム」など名だたる大手企業のリフォーム会社が登録しているので安心。

名前の知らないリフォーム会社を選びたくないあなたに最適!

初めてのリフォーム工事だからこそのアドバイス

リフォーム工事が初めてのあなたに安心なリフォームしたいところの悩みや要望を入力すると、リフォーム専門家から役立つアイデア・アドバイスをもらうことができます。

リフォーム工事の費用は高いため、後悔しないリフォーム会社を選ぶにはあなたに寄り添ってくれること、あなたに提案してくれるリフォーム会社を選び出してくれる一括比較サイトが「タウンライフ」

コバッチ

信頼できるプロのリフォーム会社を厳選!

\厳選した質の高いリフォーム会社を一括比較/

ガス機器に戻す「工事の依頼方法」はガス専門会社が最適

ガス機器の戻す工事の依頼方法

オール電化からガスコンロやガス給湯器に変える場合には「今のお家にガス配管があるかどうか」が一番大切、ない場合には道路からガス引込工事からする場合には費用が高いので今のオール電化のままが良いといえます。

ガス配管の有無がわからないよという人は、これから紹介するリフォーム会社または専門ガス会社に依頼すると「無料見積」で調査をしてくれるので一度見てもらいましょう。

オール電化工事の依頼方法は大きく3つあります。

3つの依頼方法
  • ガス専門会社(大手ガス会社)
  • リフォーム会社
  • 家電量販店やホームセンター
スクロールできます
依頼方法

ガス専門会社
ガスの専門知識が豊富
費用が他と比べ安い
処分費も任せて安心
ガス契約手続きもお任せ
ガス工事以外の対応に
不安がのこる
不要な営業もある

リフォーム会社
お家の工事全てに対応
独自の保証内容がある
工事のやり取りがスムーズ
実績があるかすぐに分かる
担当者スタッフに
よって当たり外れがある
会社によって
得意・不得意な工事がある

家電量販店
ホームセンター
最新電化製品
幅広いラインナップ
製品保証はバッチリ
担当者が付かない
ガス機器製品以外の
工事には詳しくない
製品保証しかつかない
依頼方法の比較

「ガス専門会社(大手ガス会社)」

ガス専門会社とは、ガス工事を専門に取り扱うあなたのお住まいで必ず聞いたことがある大手ガス会社のことを指します。

関東は「東京ガス」大阪は「大阪ガス」九州は「西部ガス」といった、あなたのお住まいの地域ある大手ガス専門会社は豊富な知識と工事の実績バツグンで工事の手配からガス契約の手続きまで手厚いすべてをお任せできる安心サポート。

工事をする際にはそれぞれのお家に工事担当者が付くのでガス機器に戻す工事のわからないことや疑問点なども「何度でも質問できる」ことや、不要なオール電化機器の処分もガス専門会社で処分してくれるので工事がスムーズ。

オール電化の工事と違い電気工事が不要、ガス専門会社にお任せするのが一番

ガス専門会社は自社施工またはガス会社のメンテナンス部門が対応するので、リフォーム会社などと比べ「工事費用が安い」ことも特徴になります。

デメリットは基本的にガス機器の置換で済むので壁材やキッチンの補修は必要ありませんが、お家によってサイズが合わない場合などでガス工事以外のアクシデント(壁補修・塗装)の対応に不安が残ります。

その他にガス専門会社ならではの幅広いガス機器のラインナップがあるので、考えてなかった温水式ガス床暖房や電気代もガス会社にするなどの当初の目的「ガス機器に戻す」以外の魅力に目移りしやすいことがあります。

ガス機器を戻すには安心のおすすめ大手ガス会社が知りたい人は≫≫≫コチラ

「リフォーム会社」

ガス機器に戻す場合は基本的にはガス工事のみで済みますが、お家によってはガス配管が途中までしかきていない、キッチンとガスコンロのサイズが合わないなどお家によってアクシデントがあります。

リフォーム会社では、あらゆる工事(ガス・電気・水道・大工)に対応ができ、工事をまとめる役割なので「おしゃれなキッチンにしたい」「壁材をタイルにしたい」など、あなたの希望する要望に応えてくれます。

それぞれのお家ごとにリフォーム会社の担当者が付くので、あなたが思っている不安なことやわからないことは担当者に何度も納得がいくまで相談できることも大きなメリット。

アクシデントに対する対応力の安心が「ダントツで一番」

工事の実績や実際にリフォーム会社を利用した人の口コミが見れるので、もしリフォーム会社に依頼するかを悩んでいるときには実績や口コミをみて安心して依頼することができる。

他の依頼方法では製品保証だけのところが、リフォーム会社は「工事完了後のアフター保証」があるので、なにかあったの時のトラブルや定期点検に対応してくれることが他とは違う。

デメリットは、基本的には誰にでも親切に対応してくれますが、どうしてもあなたの好みに合わない人も中にはいます、言い出しづらいときは、担当者以外のリフォーム会社に一度相談することができます。

ガス機器に戻す工事のおすすめリフォーム会社を知りたい人は≫≫≫コチラ

「家電量販店・ホームセンター」

家電量販店・ホームセンターの魅力はなんといっても最新ガス機器製品が揃っていることに加え幅広いラインナップがあることで自分に好み合ったデザインや機能のものを選ぶことができます。

また製品保証も他の依頼方法とは違い、独自の製品保証サービスで基本的に1年保証のところ3年~5年などの長期保証がついていることも家電量販店・ホームセンターの独自のメリット。

デメリットは、ガス機器の販売は得意だが実際に工事をする業者はすべて外部委託の工事業者が担当するので、実質の工事について詳しくはありません。

ガス機器製品を設置するときにはキッチンのサイズが合わない、壁材を変える必要があったり、設置に対してなにかアクシデントがあったときの工事の対応は不安が残ります。

ガス機器に変える工事費用の目安

ガス機器に戻す工事費用の目安は「20万円」で、部分的(キッチンだけ)にガス機器に変える工事費の目安もそれぞれ費用が違い、全部をガス機器に戻したい人は一度に工事を依頼する方が工事費が安くなります。

新人くん

費用の目安は損をしないためにも覚えておきましょう!

取り替えるガス機器工事費用の目安
ガス給湯器+
ガスコンロ
(スタンダード)
20万円~30万円
ガス給湯器10万円~20万円
ガスコンロ5万円
温水式ガス床暖房
(ガス給湯器も込み)
30万円~60万円
オール電化製品
撤去のみ
3万円~5万円

ガス機器に戻す工事費に振れ幅(20万円~30万円)がある理由は、ガス機器製品が最新なのか取扱メーカー、工事会社によってさまざまな理由が考えられるので目安の工事費以上は高い場合は注意が必要

ガス機器の工事費はオール電化の工事に比べ費用が安く済むのが特徴

工事会社の選び方のポイント

オール電化をやめたい人向け後悔しない依頼方法のポイント

工事を依頼するときに工事会社のココだけは押さえておきたい選び方のポイントを理解すると、後悔しないガス機器に戻す工事会社に依頼できます。

「取扱メーカーの豊富さ

基本的にどの工事会社でも取扱メーカーが1つということは少なく、あなたの希望に合わせた価格、デザインや機能が選べるように取扱メーカーPanasonic,リンナイ、ノーリツ、パロマなどを取り扱っているかが大事になります。

1社のみを取り扱っている場合には、多く仕入れて安く手に入るメリットがあるのでメーカーはココがいい!と決まっている人には問題ありません。

「相談できる担当者がいる」

工事やガス機器製品が詳しくないのは当たり前、あなたが悩んでいる不安に思っていることやガス機器製品について気軽に分かりやすく専門用語を使わずに「相談できる担当者」がいるかがポイント。

工事費用の面から工事の流れ、工事完了後のアフター保証まですべてをお任せできると思える担当者がいるといないとでは頼んでよかったと後悔しないと言えるに非常に重要なことです。

「アフター保証」

ガス機器に戻す工事が終わったからこれでやっと終わった!ということではありません。

工事完了後、ガス給湯器やガスコンロを使っていくのはこれから使い続けるお家のあなたになるので、使い方がわからないことや万が一のトラブルが起こりうる可能性があった場合に「アフター保証」が大事になってきます。

製品保証は当たり前、工事完了後の相談無料や3か月や半年に一度の定期点検など「工事に関わるアフター保証」があるかないかで大きく安心さが違う。

「相見積もりOKな会社」

相見積もりとは複数の会社に見積依頼をしてガス機器を戻す工事費を比較すること。

「1つの会社だけで見積をして決めるはNG!」

相見積もりをすることで値引き交渉ができることや最初の工事費が5万円~違ってくることもあるので、「相見積もりは一番大事」になります。

相見積もりがNGな会社は「他の会社と比べられると困る」という意味で、自分の会社に決めてほしいことや他の会社と契約する前に契約を急がせたり相見積もりNGな会社に依頼する必ず損をします。

ガス専門会社のおすすめBest3

工事会社の選び方のポイントをふまえて、オール電化からガス機器に戻す工事を依頼するガス専門工事会社の「おすすめBest3」のご紹介。

あなたの今お住まいのお家がガス専門会社の対応エリアの「関東・関西・九州」に入っていないときは加盟店1,000社を超えるリフォーム会社を比較できる「一括比較サイトを利用する」のがおすすめです。

コバッチ

対応エリアの大手ガス会社が一番安心
対応エリア外の人は一括比較サイトでOK

スクロールできます
サービス会社
スミレナ(東京ガス)

住ミカタ(大阪ガス)

すまいのリフォーム(西部ガス)
オススメ度
対応エリア関東関西九州
(福岡・長崎・熊本)
担当者の有無東京ガスの専門家に
よる個別相談
リフォーム
アドバイザ―
認定の担当者
リフォーム担当者
取扱製品パロマ・リンナイ
ノーリツ
パロマ・リンナイ
ノーリツ
パロマ・リンナイ
ノーリツ
工事保証10年保証
緊急駆け付け
トラブル対応
24時間365日
コールセンター
ガス給湯器10年保証
ガスコンロ8年保証
有料の駆付サービス
製品保証は製品に
よって異なる
ガス料金プランに
加入で無料の
トラブルサポート
相見積OKOKOK
実績財布にやさしい
リフォーム会社NO.1
相談しやすい
リフォーム会社NO.1
38万件以上の施工実績
利用者からアンケート
で約90%の高い満足度
1988年から長年
地域密着型で
やってきた施工実績
特徴金利0円で
分割支払いOK
東京ガスグループが
施工するガス機器・
水回りはお任せ
約200拠点の
関西地域密着型
年間50万件以上の
ガス修理・点検実績
大阪ガスにお任せ
リフォーム以外にも
ガス料金とセットで
申込可能
ガス料金プランに
安心サービス保証付
詳細な情報公式HPはコチラ公式HPはコチラ

Best1「スミレナ」(東京ガス)は金利0円の分割払いで初期費用がかからない

「スミレナ」は東京ガスグループのガス機器の設置工事・キッチンやトイレなどの水回りのリフォームが得意な会社。

「あなたのお住まいが関東」であれば第一候補に挙げてほしいリフォーム会社。

大手ガス会社ならではの豊富なラインナップに加え、充実の保証内容やガス開栓までの手続きもすべてお任せできるのは大手ガス会社だからできる大きな強みでもあり魅力です。

こんな人に向いている
  • お住まいが関東の人
  • 支払いを金利0円の分割払いにしたい人
  • 工事完了後のアフター保証を充実したい人

【初期費用の悩みを解決!金利0円の分割払い】

金利0円で分割払いがOK

スミレナの金利ゼロ円の分割払い

ガス機器に戻すリフォーム工事で困るのが、初期費用が高いことが一番の悩みの種になります。

ガス給湯器の工事費用の目安は10万円~20万円といった初期費用が高くて悩んでいる人には、スミレナでは「金利0円での分割払い」で支払うことが可能なので、余計な金利手数料を払わず無理なく月々返済することができる。

スクロールできます
サービス会社
スミレナ(東京ガス)
ローン会社リース会社
金利0%2~5%1~2%
支払期限最長10年最長15年最長10年
審査機関即時数日数日
メンテナンス付帯基本なし付帯
満了時の取扱い継続使用可能継続使用可能リース会社による
ローン会社・リース会社との比較

他のリフォーム会社の場合だと、あなたがお使いクレジットカードでのリボ払いやリフォーム会社専用の金利手数料込みの分割払いと比較すると工事費10万円の場合、手数料だけで「1万円多くを余分に支払う」ことになります。

※分割12か月払い、実質年率5,0%の場合

リフォーム初期費用の悩みを解決

安心のアフター工事保証

スミレナの安心アフター保証

一般的にガス機器の交換目安は10年で、実際にガスコンロやガス給湯器など使用頻度が多いご家庭は故障や突然のトラブルなどが起こりえます。

スミレナでは工事完了後のアフター有料保証で10年間の修理費用をカバーします。

スミレナ 保証内容

工事後に万が一ガス機器が壊れる場合などの修理1回分の費用をカバーできるので、故障や急なトラブルが心配なあなたに安心のアフター保証がサポート。

新人くん

修理1回で元が取れるので損をしないで済む!

不安を解消するオンライン相談

ガス機器に戻すリフォーム工事をすることは数少なく初めての方がほとんど、そんなわからないことや不安なことを専属の担当者に「LINE」「メール」「電話」あなたの使いやすいツールに合わしたオンライン相談が可能。

日頃仕事や家事で忙しい人は気軽に相談や質問ができる「LINE」長文でしっかり内容を説明した方は「メール」実際に声を聞いて受け答えをしたい人は「電話」とあなたに合わせた相談方法が選べます。

すべてのオンライン相談の利用が無料なので後悔せずに依頼することができます。

※LINE、メールなどの通信料はお客様負担

何度でも納得いくまでサポート


\初期費用の悩みを解決!金利0円の分割払い/

Best.2「住ミカタリフォーム」(大阪ガス)は工事後のメンテナンスも任せられて安心

「住ミカタリフォーム」は大阪ガスグループのガス機器の設置工事・キッチンやトイレなどの水回りのリフォームが得意な会社。

「あなたのお住まいが関西」であれば第一候補に挙げてほしいリフォーム会社。

スミレナと同じ関西を中心に200店舗の拠点を構え、長年ガスの取扱をしている実績に加え、ガス機器のメンテナンスや設置工事やガス開栓までの手続きもすべてお任せできてアフター保証もバッチリ。

こんな人に向いている
  • お住まいが関西の人
  • 都市ガスの契約も合わせてお願いししたい人
  • 工事完了後のアフター保証を充実したい人

【満足度の高い工事と安心のアフター保証

「頼んでよかった!」高い満足度

「住ミカタリフォーム」に依頼すると、大阪ガスのリフォーム講習に合格した専属のリフォームアドバイザーが、リフォームに対してのアドバイスや提案をしてくれるのでお任せして満足度が高い。

専属のリフォームアドバイザーがいることで一つ一つの工事の説明も丁寧にあなたのペースに合わせて細かく対応してくれるので、工事を急かされることもなくしつこい営業などもありません。

工事に対しても丁寧で、当たり前を当たり前にできていないリフォーム工事会社が多い中、住ミカタリフォームでは「当たり前のマナー」を大切しています。

住ミカタリフォームのマナー7か条
  1. あいさつは必ずします。
  2. 身だしなみに気を付けます。
  3. 言葉づかいを気を付けます。
  4. 整理整頓を心掛け、現場はいつも美しく
  5. 指定された場所以外ではタバコは吸いません。
  6. トイレはひと声かけて、きれいに使います。
  7. 丁寧な仕事は当たり前。当たり前を徹底します。

ガス給湯器・ガスコンロだけのあんしん保証サービス

住ミカタリフォームでは、アフターサービスとしてガス給湯器は「月々308円~」ガスコンロは「月々187円~」で期間内のガス機器のトラブルの修理が無料のアフター保証。

修理の受付は365日、24時間体制で、関西を中心に約200拠点のサービスチェーンがあなたのお家のトラブルに駆け付けます。

給湯器ビルトインコンロ据置コンロ
最大10年最大8年最大6年
月額料金308円~
(税込)
月額料金220円~
(税込)
月額料金187円~
(税込)

大阪ガス以外のメーカーにも修理対応しているので、他メーカーブランドの給湯器及びガスコンロも保証してくるのでここも安心できるポイント。

対応メーカー

  • タカラスタンダード
  • ノーリツ
  • パナソニック
  • パーパス
  • リンナイ
  • パロマ
  • LIXIL
  • TOTO
  • クリナップ

リフォーム工事の実績も約38万件の施工実績を持っているので、工事に対する質も高いので安心できるのはガス機器の設置工事を得意とする「住ミカタリフォーム」だからこそ安心して依頼できる。

\満足度の高い工事と安心のアフター保証/

Best.3「すまいのリフォーム」(西部ガス)は都市ガス契約と合わせてアフター保証

「すまいのリフォーム」は西部ガスグループのガス機器の設置工事を得意とするリフォーム会社。

「あなたのお住まいが福岡・長崎・熊本」であれば第一候補に挙げてほしいリフォーム会社。

すまいのリフォームでは1988年から長年地域密着でやってきた施工実績やガス料金を組み合わせた独自のアフターサービス保証があります。

こんな人に向いている
  • お住まいが福岡・長崎・熊本の人
  • 都市ガスの契約も合わせてお願いししたい人
  • 工事完了後のアフター保証を充実したい人

【九州は西部ガスがあなたをサポート】

対応地域の西部ガスグループ会社があなたをサポート

西部ガスグループのリフォーム会社担当地域によってそれぞれ、リフォーム会社が違います。

リフォームの相談窓口は「すまいのリフォーム」から問い合わせをして、サービス内容に応じて西部ガスのグループ会社の担当者対応します。

福岡であれば「西部ガスリアルライフ福岡」熊本であれば「西部ガスリアルライフ熊本」長崎であれば「西部ガスリアルライフ長崎」とそれぞれの地域の担当者があなたの要望する工事にお伺いします。

実際にリフォームしたショールームなどをみることもできるので、実際に工事完了後のイメージが湧きやすく、ワクワクしながらリフォーム工事を依頼することができます。

ショールームで創造ではなく、まずは目でイメージをつかめる

西部ガスの安心保証付の都市ガス料金プラン

西部ガスのリフォーム会社に工事を依頼すると面倒なガス料金の申込なども合わせて申し込めます。

西部ガスの都市ガス料金プランのなかにガス機器の応急処置はもちろん、キッチンやお風呂などの水回りのトラブル時の応急処置が無料な都市ガス料金プラン「ヒナタメリット」があります。

「ヒナタメリット」では水まわりのトラブル、止水処理や詰まり解消などの応急処置やガス機器の出張費や応急処置が無料で利用することができます。

コバッチ

注意点は応急処置までが無料!修理は別途費用がかかります。

一般ガス料金プランとアフター保証が入っているヒナタメリットプランを比較するとガスの使用頻度が少ない0㎥から15㎥までは差はなく、使用頻度が多い場合はヒナタメリットプランが安くなります。

基本料金+
基準単位料金
一般ガス料金
(税込)
ヒナタメリットプラン
(税込)
0㎥から15㎥まで
1㎥につきの料金
913.00円
246.76円
968.00円
243.10円
15㎥から20㎥まで
1㎥につきの料金
1,133.00円
232.10円
1,133.00円
232.10円
20㎥から30㎥まで
1㎥につきの料金
1,133.00円
232.10円
1,518.00円
212.85円

基準単位料金は2014年7月~9月の平均原料価格を基に算定、従量料金は原料費調整制度に基づき、毎月見直し

良心的な保証付きの料金プラン

リフォーム工事からガス開栓に必要なガスの申込からアフター保証が入っているお得な料金プランまで一手にお任せできる「すまいのリフォーム(西部ガス)は安心してお任せできると言えます

\九州は西部ガスがあなたをサポート/

ガス機器リフォーム会社のおすすめBest3

オール電化住宅からガス機器を戻すのに大手ガス会社が一番安心できる依頼方法ですが「関東・関西・九州」以外の対応エリア外の方はリフォーム会社を選択することがおすすめになります。

あなたのお住まいの地域で一からリフォーム会社を探すのは大変で手間もかかるのを解消できるが、リフォーム会社を一括比較できるサイトを利用する事で手間が少なく費用も安く安心して頼めるサービスを利用しましょう。

リフォーム会社一括比較サイト「おすすめBest3」をご紹介していきます。

コバッチ

利用者満足度ではホームプロ
厳選した会社ならタウンライフ
時間がある方はBest3全てを相見積
面倒な人はどれか1つでもOK

スクロールできます
サービス会社
ホームプロ

タウンライフ


リフォーム比較プロ
オススメ度
運用年数2001年設立2003年設立2012年設立
実績リフォームサイト
利用者No.1
利用者数90万人
満足度90%
利用者満足度
使いやすさ
サイト利用者
安心度No.1
中小リフォーム
会社と提携
地域に合うリフォーム
会社をすぐに把握
担当者の有無リフォーム会社の担当リフォーム会社の担当リフォーム会社の担当
加盟店数1,200社300~400社500社
工事保証工事完成保証
1年以内の工事
瑕疵担保
リフォーム会社
に準ずる
リフォーム会社
に準ずる
紹介会社数あなたの地元優良
リフォーム会社
最大8社
厳しい審査をクリア
したリフォーム会社
1社~3社
加盟店の中から
地域にある3社
対応地域全国に対応全国に対応全国に対応
相見積OKOKOK
特徴加盟店1,200社を
一括比較できる
匿名でも見積OK
リフォーム会社の
口コミが見れて安心
加盟店300~400社を
一括比較できる
加盟店の少ない理由は
審査の厳しさ
厳選された加盟店から
一括比較
解明店500社を
一括比較できる
加盟店審査がゆるい
国家資格がない
加盟店も存在する
詳細な情報公式HPはコチラ

Best1「ホームプロ」は工事会社の口コミが見れて安心の一括比較サイト

「ホームプロ」は数多くあるリフォーム会社を1つ1つ選ぶのが大変な作業を省いて、あなたのお住まいの地域に対応する地元リフォーム会社最大8社を一括比較してくれるサービスを提供するサイト。

一括比較サイトの中でも「ホームプロ」は加盟店1,200社の全国幅広いエリアに対応していることで「リフォームサイト利用者No.1」多くの人が利用している安心な一括比較サイト。

こんな人に向いている
  • 複数の会社を比較したい人
  • 忙しくて調べる時間が少ない人
  • お願いする工事会社の口コミを見たい人

【利用者No.1・匿名検索・口コミが見れる比較サイト】

ココが違う「匿名で検索OK」

リフォームプロは匿名で検索OK

インターネットで一括比較をするときに気にすることの1つが「個人情報」登録するときに個人情報を登録することでしつこい営業やメールが届くなどのわずらわしい一括比較サイトもあります。

ホームプロは「匿名で検索できる」ことが他の一括比較サイトにない魅力の1つです。

匿名で検索することができることで、簡単に一括比較して見積がすることができ、個人情報の漏洩やしつこい営業や迷惑メールなどがないので快適に一括比較できることがホームプロの強み!

匿名で安心・安全に利用できる

リフォーム会社の口コミが見れるのがスゴイ

リフォーム会社の口コミがわかる

一括比較サイトで困るのが、実際サイトで比較したリフォーム会社が何社か見つかったとしてもその会社の実績や口コミがわからず、ただただ工事費用が安いだけで、工事の質が悪ければ依頼しなければよかったと後悔することになります。

ホームプロでは他のリフォーム比較サイトにはない、比較した「リフォーム会社の口コミが見れる」ことができるので、実際に利用した人たちの口コミをみながら納得したリフォーム会社を選べます。

新人くん

悪い口コミもしっかり把握したい人にピッタリ!

独自の保証はホームプロだけ

オリジナルの工事保証

一括比較サイトはホームプロ以外にも数多くあり、あくまでもあなたの地域に合わせてリフォーム会社の工事金額を比較するだけのサイトが多数です。

ホームプロはリフォーム会社を一括比較だけではなく、実際に工事するリフォーム会社の工事保証の他に「工事完成保証」という1年以内に工事に対する不備があった場合などを独自の保証サービス。

一括比較だけして、後はリフォーム会社に丸投げといった無責任な一括比較サイトではないので安心。

他の一括比較サイトにはないサービス

\利用者No.1・匿名検索・口コミが見れる比較サイト/

Best2「タウンライフ」は工事業者の審査が厳しいので優良企業のみ

「タウンライフ」はあなたのお住まいに対応するリフォーム会社を一括比較できるサイトで、その特徴は一括比較する加盟店の審査が厳しいので、業者の質が高い特徴があります。

加盟店の審査が厳しいので、他の一括比較サイトのホームプロの加盟店1,2000社と比べて、加盟店「400社」と1/3の数になるので全国に対応しているとはいえ比較するリフォーム会社が少ないのが気をつけたい点になります。

こんな人に向いている
  • 工事業者の質が高いのが良い人
  • 忙しくて調べる時間が少ない人
  • 大手リフォーム会社にお願いしたい人

【厳選した質の高いリフォーム会社を一括比較】

厳選した質の高い加盟店

タウンライフに登録するリフォーム会社はいくつの審査をくぐり抜けたリフォーム会社でないと登録することができません。

加盟店の審査基準
  • 建設業の許可
  • 顧客対応ができる店舗がある
  • リフォーム専任の担当者がいる
  • 建築関連法に過去2年処分されていない

他の一括比較サイトのリフォーム会社の加盟店の審査基準は建設業の許可や実績などが全く不要でも登録することができるので、他にはない厳正な審査基準をもったリフォーム会社で比較するので選ぶときに後悔しない。

リフォーム会社の実績で悩まない!

大手リフォーム会社が加盟店で安心

加盟店400社と比較的少なさの反面、実績のあるリフォーム会社が加盟店に名を連ねています。

タウンライフの加盟店は地元優良リフォーム会社の他に「住友林業のリフォーム」「住友不動産の新築そっくりさん」「ミサワホーム」「パナフォーム」など名だたる大手企業のリフォーム会社が登録しているので安心。

名前の知らないリフォーム会社を選びたくないあなたに最適!

初めてのリフォーム工事だからこそのアドバイス

リフォーム工事が初めてのあなたに安心なリフォームしたいところの悩みや要望を入力すると、リフォーム専門家から役立つアイデア・アドバイスをもらうことができます。

リフォーム工事の費用は高いため、後悔しないリフォーム会社を選ぶにはあなたに寄り添ってくれること、あなたに提案してくれるリフォーム会社を選び出してくれる一括比較サイトが「タウンライフ」

コバッチ

信頼できるプロのリフォーム会社を厳選!

\厳選した質の高いリフォーム会社を一括比較/

Best.3「リフォーム比較プロ」は地元リフォーム会社を紹介

「リフォーム比較プロ」は、ホームプロ・タウンライフの2つを後悔しないリフォーム会社の選び方のポイントで比較すると、若干見劣りするリフォーム会社の一括比較サイト。

全国の加盟店500社からあなたのお住まいに対応する地元リフォーム会社を最大4社を簡単比較。

こんな人に向いている
  • 地元のリフォーム会社が良い人
  • 忙しくて調べる時間が少ない人

「ホームプロ」との比較

「ホームプロ」と比較した場合には加盟店の数や保証、匿名の検索不可、リフォーム会社の口コミが見れないなど比較することで明確に差が出てきます。

スクロールできます
サービス会社
加盟店数1,200社500社
工事保証工事完成保証
1年以内の工事瑕疵担保
リフォーム会社に準ずる
匿名での検索匿名での検索OK実名での検索のみ
特徴リフォーム会社の
口コミが見れる
自分で調べる必要がある
詳細な情報

「タウンライフ」との比較

タウンライフとの比較をした場合には加盟店の審査基準が違います。

スクロールできます
サービス会社
実績利用者満足度・使いやすさ
サイト利用者安心度No.1
中小リフォーム会社と提携
地域ごとで会社がすぐに把握
加盟店の特徴厳選した地元優良会社
大手リフォーム会社
中小企業
加盟店の審査基準厳しいゆるい
加盟店の条件建設業の許可
顧客対応ができる店舗がある
リフォーム専任の担当者がいる
建築関連法に過去2年処分されていない
特に決まりがない
詳細な情報公式HPはコチラ
コバッチ

利用者満足度ではホームプロ
厳選した会社ならタウンライフ
時間がある方はBest3全てを相見積
面倒な人はどれか1つでもOK

よくある質問7選

富士工業のよくある質問7選

「オール電化にしたい!やめたい!」どちらともの悩みをかかえる人が気になる、よくある質問7選をご紹介していきます。

①マンションでの工事について

今住んでいるマンションでも工事ができますか?

マンションでも工事が可能ですが、オール電化をやめたい方はマンションに都市ガスがあることが工事の条件です。

マンションでオール電化にしたい人は、全部をオール電化はせずに部分的にオール電化にする方が多く、ガスコンロからIHクッキングヒーターに取替、給湯器からエコキュートに取替工事を行っています。

マンションでオール電化をやめたい人は、マンションに都市ガスがある場合には問題なくガスコンロやガス給湯器に取替工事はできますが、都市ガスがない場合はマンション全体の工事に関わるので工事は難しいです。

②賃貸物件の工事について

今住んでいるのが賃貸物件なのですが、工事はできますか?

賃貸物件の場合、オール電化をするにするも、やめるにも大家(オーナー)さんの許可が必要になります。

賃貸条件によって、入居前の状態で退去する条件やリフォーム工事がNG、リフォーム工事はOKだが退去する時には戻さないといけない等、賃貸物件によって条件が異なるので、まずは大家(オーナー)さんに確認しましょう。

③オール電化と都市ガスの差について

オール電化と都市ガスはどちらが安いのですか?

オール電化の年間電気代の平均と電気代+ガス代で比較します。

年間にかかる費用オール電化電気代+ガス代
一人暮らし134,664円105,636円
二人暮らし168,588円168,036円
三人暮らし187,056円191,916円
四人暮らし208,922円203,004円

オール電化の電気代平均は関西電力調べ、電気代+ガス代の年間平均は2020年総務省調べ

オール電化にした方が安くなると思った方には意外な結果で電気代+ガス代の方が三人暮らし以外は安い結果です。

④工事日数について

オール電化にする場合の工事日数は?オール電化をやめる場合の工事日数は?

オール電化にする場合IHクッキングヒーター+エコキュートの場合は、2日~3日程度で工事が完了し、IHクッキングヒーターだけだと1日で工事完了します。

オール電化をやめる場合も同様で2日~3日程度で工事が完了します。

工事の期間中は調理やお風呂が利用できない、お湯が出ないことが考えられるので外食やテイクアウト、銭湯などを利用することが多くあります

⑤エコキュート、IHクッキングヒーターの大きさについて

エコキュート、IHクッキングヒーター大きさはどれぐらいですか?

オール電化にする場合、オール電化機器の大きさに注意する必要があります。

エコキュートは「貯湯ユニット」と「ヒートポンプユニット」を屋外やベランダに置くスペースが必要で、平均的な目安の大きさはタンク容量によって「370L/460L/550~560L」で違います。

エコキュートのタンク容量貯湯ユニットヒートポンプユニット
370LH1,825×W630×D730mm
質量約60kg
H735×W825×D300mm
質量約50kg
460LH2,175×W630×D730mm
質量約70kg
H735×W825×D300mm
質量約50kg
550~560LH2,100×W700×D825mm
質量約75kg
H735×W825×D300mm
質量約50kg
H=高さ、W=幅、D=奥行

IHクッキングヒーターとガスコンロの大きさは「60cm」「70cm」タイプがあり、あまり変わらないので気にする必要はありません。

オール電化をやめる場合にはガス給湯器はのサイズは「24号」が平均で、高さ600×幅350×奥行170mmとエコキュートの1/3以下の大きさなので気にする必要はありません。

⑥機器の処分費用について

古いガスコンロやIHクッキングヒーターなどの処分費用はいくらかかりますか?

基本的にはリフォーム会社が処分費込みで工事を行ってくれます。

処分費用は1万円~2万となり、ご自身で処分する場合には、粗大ごみで処分し、同じく1万~2万円で処分することができますが、機器の重さが30kg以上あるものがあるので業者にお任せしましょう。

⑦ガス衣類乾燥機「かんたくん」について

ガス衣類乾燥機の「かんたくん」はオール電化でも使えますか?

オール電化でも使用することはできますが、「かんたくん」はガス衣類乾燥機なので、都市ガスまたはプロパンガスが必要になります。

まとめ

オール電化にしたい人、やめたい人に、もう一度メリット・デメリットを再確認して自分の生活に落とし込んで、オール電化が自分に合っているかを見極めることが大切になります。

誰かが良いと言っていた、誰かがダメだと言っていたで判断してしてしまうと後悔が残ってしまうのでしっかりご自身で判断しましょう。

オール電化にしたい人、やめたい人には工事を任せる「リフォーム会社の選び方のポイント」を把握しておくのが一番大切になります。

良いリフォーム会社悪いリフォーム会社
工事後の保証がしっかりしている
分かりやすく説明してくれる
処分費・工事のイメージを伝えてくれる
相見積もりを快く受け入れる
保障が揃っていない
リフォーム費用が高い
工事の説明が不十分
契約を急がせる

オール電化にしたい人は長期で長く安く利用するには、選ぶリフォーム会社で左右さるのでしっかりとポイントを抑えて適正価格としっかりとした保証をしてくれるリフォーム会社を選ぶことが大切。

オール電化をやめたい人は都市ガスにするメリットを把握し、処分費や撤去後のイメージを的確に分かりやすく説明してくれるリフォーム会社を選ぶことがポイントになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

電気工事士歴10年以上|年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績から得た知識でお家の電気についてわかりやすく解説しています。
お家の電気工事|電力会社の比較|電気代を安くする方法|光回線の情報を常にアップデート。

記事の内容
閉じる