管理者 売上高 過去の推移 ~前編~【電気工事士・施工管理者】

こんな方にお役に立てる記事
  • 管理者の売上高はいくら?
  • 管理者を目指そうとしている方
  • なぜ管理者のほうが年収が高いかを知りたい
  • 経験者の意見が聞きたい

私が管理者になってからの

私1人の売上高を過去の推移をご紹介します。

管理者になった売上高の推移

管理者1年目 4000万円

管理者2年目 1億6千万円

管理者3年目 8600万円

管理者4年目 1億4百万円

管理者5年目 1億8千万円

管理者6年目 1億8千万円

管理者7年目 6750万円

電気工事の管理者は、

1人あたりの売上高が高い

といった記事を過去に

「電気工事士(管理者)

メリット・デメリット」で書きましたので

また見ていただけるとうれしいです。

記事の内容

電気工事士の管理者という職業

電気工事士の管理者という職業は、

建設業界自体が慢性的な人員不足で、

さきほどご紹介した売上高を

あげれることもあり

1人前の管理者のメリット
  1. 全国どこでも就業可能
  2. 転職には困らない
  3. キャリアアップも望める
  4. 独立することも可能

といったメリットが受けれます、

大変な仕事ですが

目指す価値はある職業なのでは

ないかと思います。

一度興味がある方はRSGへ無料相談ができます


自分が何に
向いているかわからない

そういった方は、
ミイダスで無料登録すると
自分の個性やどういった
仕事に向いているか
わかるので参考になります


過去記事で

私の年収の推移も公開しています。

管理者1年目 4000万円

管理者の駆け出しでの

初めて任された仕事は

その当時

補助金が出るということで、

太陽光発電設備工事が多く、

それが管理者としての

デビューでした

正直右も左もわからず、

自分にはできるのかと

思いましたが、

自分ができることだけをやって

わからないことは、

上司や取引先の人に一任して

気がついたら終わっていた

というのが正直な感想でした

今振り返るとすごく効率が

悪い仕事していたなぁ

という印象です、

1日のサイクル

工事現場で一日管理して、

会社へ帰り図面や

材料の手配をして

夜遅くまで会社に残って

仕事をして、次の日は

朝が早いといった

サイクルでした。

管理者2年目 1億6千万円

管理者2年目では、

新築の鉄筋コンクリート

9階建のマンションを

1年かけての長期間の工事が主になりました

電気工事の管理者というのは、

今となっては当たり前ですが、

1人1つだけの工事現場を

するということはありません、

1人で複数の工事現場を

担当することが当たり前です。

マンションの新築工事をしながら、

1年目と同じ

太陽光発電設備工事も

並行してこなしました。

管理者として新築工事は初めてだったので、

ポイント

色々試行錯誤しながら、

大変だったですが、

出来上がった時の達成感は

いまだに覚えています

今でも近くを通るときには

自分がやった工事なんだなと

なにか誇らしくもあります。

管理者3年目 8600万円

管理者3年目が

一番大変だったかもしれません、

というのも先ほどご紹介しましたように

管理者というのは1つ工事現場だけを

担当することは稀です

複数の工事現場を担当する

というのが当たり前なので、

この年は大型の受注工事はなく、

複数の少額工事が多かったからです、

工事の内訳
  • 事務所・倉庫 新築工事

  1件 2500万円

  • 店子 改修工事

  5件  400万円

  • 学校 改修工事

  2件  600万円

  • LED照明工事

  2件 3900万円

  • 空調設備工事

  1件 1200万円

あっちの手配をしないと、

もうすぐこっちの工事が始まると

慣れれば大したことないのですが、

管理者としてなりたてのこともあって、

最初は困惑しました。

管理者4年目 1億4百万円

管理者4年目になると、

3年目の複数する仕事も慣れだして

自分に余裕が出だしたときになります、

この年も複数の工事現場を

担当することになるのですが、

仕事にもなれ、信頼も得て、

自分に自信が持てだしたのも

このころになります。

工事の内訳
  1. 事務所新築
  • 監視カメラ工事

  1件 5300万円

  • 店子 改修工事

  2件 2200万円

  • 戸建て新築工事

  2件 2300万円

  • LED照明工事

  2件  600万円

なぜこの年から余裕がでだしたというと

ある意味で見切りをつけたからになります、

最初のほうはすべて自分がしないと

いけないと思いすぎていた時期が

あったのですが、

信頼する仕事仲間もできて

この人だったら

任せれるといった感じで

最後の責任は自分がとるが、

ある程度仕事を任せることに

したから余裕もでき、

複数の工事現場も

こなせるようになりました

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

電気工事士歴10年以上|年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績から得た知識でお家の電気についてわかりやすく解説しています。
お家の電気工事|電力会社の比較|電気代を安くする方法|光回線の情報を常にアップデート。

記事の内容
閉じる