2級電気工事施工管理技士 受験資格、試験日程及び合格率

こんな方にお役に立てる記事
  • 電気工事士に興味がある方
  • 試験内容・試験日・受験費用が知りたい方
  • 勉強方法を知りたい方
  • 経験者の意見が聞きたい方

管理者になるためには必須の資格の

2級電気工事施工管理技士の記事を

書いていきます。

記事の内容

受験資格について

受験資格

指定学科卒業、その他

資格または取得者など

少し言葉で説明するよりも

下記リンクから見ていただいた方が

わかりやすいと思いますので、

そちらをご覧ください。

ポイント

私がおすすめしてます、第二種電気工事士の免許を取得するのが受験資格の一番の近道になります。

コバッチ

何も資格を
持っていない人は
受験資格が難しいよ

申込受付期間・試験日について

申込受付期間・試験日

申込受付期間

1月下旬~2月中旬

試験日 

6月中旬

試験内容

試験内容
  • 第一次検定(筆記試験)
  • 第二次検定(実地試験)
実地試験とは

施工体験記述の試験問題になり電気工事の試験とは違い、実習ではなく筆記試験になります。

筆記試験の回答方式

筆記試験は電気工事士と同じように

回答方式はマークシートに

記入する四肢択一問題になります。

合格基準

合格基準

第一次検定

40問中24問以上正解率60%以上で合格

第二次検定

60%以上で合格です

合格率について

第一次検定では60%前後で

第二次検定では60%前後になります、

こちらの合格率の高さは、

受験者の大半は電気工事で

働く経験者が多いためとも

言われております、ですが、

経験記述も絶対に経験がないから

合格できないと

いうことはありません。

コバッチ

なので、この資格も
そこまで難しい試験
ではありません



受験費用について

受験費用

第一次検定・第二次検定を

同時に受ける場合13,200円

第一次検定のみ6,600円

第二次検定のみ6,600円

資格取得の勉強用テキスト

第一次検定用 2,000円程度

第二次検定用 2,000円程度

合計で、

17,000円程度になります



勉強方法について

こちらも電気工事士の勉強と同じで、

5年間の過去問題を

繰り返し解く

80%の理解をすれば問題ありません、

また第二次検定(実地試験)も同様で、

過去問題にふれ、理解し、

経験記述は丸暗記すればよいので、

そこまで難しい試験とは言えません。

ただし試験日が第一次検定と第二次検定が同じ日に試験を行うので短期ではなく、長期で勉強することをおすすめします。




また興味がある方は

下記リンクからみてみてね

2級電気施工管理技士のメリット

会社に必要な存在になれる

2級電気施工管理技士のメリットは、

作業員と比べ会社への売り上げが

倍になります、つまりは

会社にとって必要な人材に

なれるということです。

発注者から直接請け負い、

下請け金額が4000万以下になる現場には

2級電気施工管理技士でも管理は可能です。

売上があがるということは、

年収も上がるということが

メリットになります。

また別記事で年収の推移などの記事を

作成しておりますので、

見ていただけれうれしく思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

電気工事士歴10年以上|年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績から得た知識でお家の電気についてわかりやすく解説しています。
お家の電気工事|電力会社の比較|電気代を安くする方法|光回線の情報を常にアップデート。

記事の内容