資格

1級電気工事士施工管理士 受験資格、試験日程及び合格率

こんな方にお役に立てる記事
  • 電気工事士に興味がある方
  • 試験内容・試験日・受験費用が知りたい方
  • 勉強方法を知りたい方
  • 経験者の意見が聞きたい方
コバッチ
コバッチ
どうもー
電気工事士コバッチです

管理者にとって最終目標ともいえる

1級電気工事施工管理技士の記事を

書いていきます。

コバッチ
コバッチ
スタート



受験資格について

受験資格

2級電気工事施工管理技士とくらべ

もっと受験資格が狭くなっていきます。

また詳しくは下記リンクから見てください。

実務経験を短縮する方法

実務経験が必要に

なってくることが多いの

ですが、短縮可能なやりかた

会社の上司などの管理技術者の指導を受けた

2年以上の実務経験する方は、2年短縮など

短縮方法にはいろいろな方法があります。

コバッチ
コバッチ
実務経験が必要になる資格なんだね

試験内容

試験内容

試験内容は

第一次検定(筆記試験)

第二次検定(実地試験)

実地試験とは

施工体験記述の試験問題になり

電気工事の試験とは違い、

実習ではなく筆記試験になります。

筆記試験の回答方式

2級電気工事施工管理技士と同様

回答方式はマークシートに

記入する四肢択一問題なります。

ただし筆記試験は午前と午後に

分かれております。

合格基準

第一次検定

午前30問、午後30問で

60%以上で合格です。

第二次検定も

60%以上で合格です

合格率

第一次検定は40%前後になります。

第二次検定は60%前後になります、

こちらも受験する方は、

実務経験がある人が多数なので、

第二次検定は合格率は高いといえます。

しかし、第一次検定でつまずくいてるため、

全体は

(第一次検定と第二次検定を合わしたもの)

20%前後になるので、

少し難しい資格とはいえます、

しかし個人的にそこまで、

2級電気工事施工管理技士と

違いはあまりないとはいえると思います。


試験日・受験費用について

受付期間・試験日

申込受付期間・試験日

申込受付期間

1月末~2月中旬

試験日

第一次検定 6月中旬

第二次検定 10月中旬

第一次検定と第二次検定は

試験日が別日なので、

第一次検定合格後に

自己採点で合格していることが

わかってからの勉強開始で

十分間に合います。

第一次検定と

第二次検定の試験勉強は

同時に行う必要はありません。

受験費用について

受験費用

第一次検定 13,200円

第二次検定 13,200円

金額的には大きい金額になりますので、

一発集中合格するのがよいでしょう。

勉強方法について

こちらも特にやることは変わっていません、

5年間の過去問題を

繰り返し解く

2級電気工事施工管理技士の資格を

持っていれば共通する試験内容もあるので、

2級電気工事施工管理技士を

取得された方は、同じような勉強方法で

特には問題がありません、

コバッチ
コバッチ
第二次検定の試験勉強を
多くするのもいいかもしれないね

また興味がある方は

申込リンクを下記に貼っていますので、

見ていただけたらと思います。

1級電気施工管理技士のメリット

必要不可欠な存在

仕事を受注できる金額が違うので

会社にとって必要な人材に

なれるということです。

発注者から直接請け負い、

下請け金額が4000万以上になる現場には

1級電気施工管理技士が必要になってきます、

私も含め1級電気施工管理技士の

1人の売り上げが4000万~2億に

なりますので、

企業にとっては必要不可欠な

人材になるということと

売上があがるということは、

年収も上がるということが

メリットになります。

また別記事で年収の推移などの

記事を作成しておりますので、

見ていただけれうれしく思います。

電気工事士 平均年収【施工管理者 30代給料の推移を公開】 私は勤めている会社の 給料明細はすべて 保管しており、 私の年収の推移 を公開しています、 すこしでも参考になれば ...
ABOUT ME
cobacchi
ご覧いただきありがとうございました。 みなさまのお役に立てるような 電気や生活に関することを発信するサイトになります またよかったら見にきてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA