仕事内容

電気工事士(作業員)向いてる人・向いていない人

こんな方にお役に立てる記事
  • 電気工事士に興味がある人
  • どういう人が作業員に向いている
  • 向き不向きを知りたい
  • 経験している人の意見が聞きたい
コバッチ
コバッチ
どうも~
電気工事士コバッチです

私が仕事で経験したきた中で、

いろんな作業員の方と

仕事をしていきました、

その中で感じた作業員の方に

向いている人・向いていない人を

記事にしました、

自分が当てはまるかどうか

楽しんでみていただければと思います。

まずは結果から

向いている人

  1. 頼られることを喜びに感じる人
  2. 行動する前に一度考える人
  3. 一人で黙々と仕事するのが好き人
  4. 物事を色んな面から考える人
  5. 他人のことを気遣える人

向いていない人

  1. 一つのことに集中するひと
  2. 自分のやり方を持っていない人
  3. 自分のやり方を貫き通す人
  4. 他人の事を考えない人
  5. 短絡的な考え方の人
コバッチ
コバッチ
今日も解説していきます。



向いている人 解説

頼られることを喜びに感じる人

作業員の方は基本的に実務が

メインになります。

管理者とは違い、

実際に物を作っていくので

管理者からは頼もしい存在で

頼られることが本当に多いです

仕事のやりがいとして

「あの人に頼めば大丈夫だ」

「○○さんにお願いしたい」

など頼られることを

喜びに感じられる人

作業員に向いています

行動する前に一度考える人

作業員の方に向いている人は

いかに効率よく仕事を

終わらすかを考える人

実際の工事現場で

活躍している人になります

考える前に行動する人は

やる必要がない仕事をして

ただ時間を浪費している

作業員の方を見かける印象です

1人で黙々と仕事をするのが好きな人

作業員の方は、

基本的に2人1組が多いですが

仕事をするときには

別々の作業をすることがあるので

基本的には一人で作業をします

みんなであれこれするよりも

1人で黙々と仕事をするのが

好きな方は向いていると思います。

物事を色んな面から考える人

あの人はこうするから

自分はこうしようと

他人のことを考え、

こうすればもっと早く作業が終わるといった

多角的に物事を

考えれるといった人が

向いていると思います。

他人のことを気遣える人

先ほど一人で作業すると

言いましたが、

色んな人と協力して作業を

完成させる必要もあります

工事現場の世界でも

協力して作業をすることにより

1+1=2ではなく

1+1=3や4になる事が

あります、他人を気遣える人ほど

仕事がスムーズに片付いている人が

多いので向いているといえます

コバッチ
コバッチ
仕事のやりがいは
人それぞれあるもんね

向いていない人 解説

一つのことに集中する人

電気工事はいろんなことを

する職業でもあります、

なので一つのことに集中するよりかは、

薄く広く仕事が

できたほうが良いです、

なので一つのことに集中する人にとっては

不向きかもしれません

自分のやり方を持っていない人

作業員の方は、長年積みあげた

経験から自分のやり方

形成してい行きます。

人から言われたことを

ただやるだけ人や

なんとなくで

仕事している人したい人は

向いていないといえます

自分のやり方を貫き通す人

これは自分のことばかり考え、

その人自身の成長が

止まっているとも言えます。

作業員といえど

時代とともに作業のやり方も

代わっていきます

柔軟に対応できない人は

向いていない人とも言えます

他人のことを考えない人

向いている人も述べたのですが、

やはり他人の事を考えず、

自分のことだけを考えるひとは、

みんなで協力して

完成していくものに対して

弊害でしかありません、

短絡的な考えの人

物事を大きな枠組みでとらえられずに、

小さなことばかりを気にかけて

仕事をするひとも、

全体の足を引っ張る人が多いです

工事現場では、

様々な業者が携わるので

自分だけが良ければよいではなく

こうすればみんなが良くなると

いった考え方を持つ必要があります

コバッチ
コバッチ
いろんな得手、不得手が
あるけど、作業員は
こういったことがあります

最後に

よく考えると、作業員として

向いている人、向いていない人は

共通して、

作業時間に関しては、そこまで

大きな差が生まれるほど

実力の差があるかと

言われればそうではない

と思います。

それよりも

仕事へ対する取り組み、

段取りが良い方が圧倒的な

実力の差としてはっきり

でてくることが多いです。

そういうことでいえば、

作業員の腕というより、

作業員の頭、考え方が大事になってる

と個人的にそう思います。

みなさまは

いくつ当てはまったでしょうか。

また今度は

作業員のメリット・デメリット

の記事を作成しますので、

合わせて読んでいただくと嬉しく思います。

電気工事士(作業員)メリット・デメリット電気工事士には、作業員と管理者がいます 今回は作業員の メリット・デメリットを記事にします。 どちらを目指すかでご参考になれば、 ...
ABOUT ME
cobacchi
ご覧いただきありがとうございました。 みなさまのお役に立てるような 電気や生活に関することを発信するサイトになります またよかったら見にきてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA