資格取得 勉強 進め方・スケジュール おすすめ【電気工事試験・施工管理試験 共通】

資格取得をお勧めしましたが、今回は

資格取得の為の進め方、スケジュールをご紹介遺体ます。

結論から言えば、

逆算してスケジュールを考えよう

ということです。

コバッチ

どういうこと説明していくね

記事の内容

スケジュールの進め方

今回は7月末に試験があるとした、第二種電気工事士の筆記試験

スケジュールになぞってやっていきます。

まずは、目的として、

試験に合格するためには、どこの時期に、

どれだけの理解度があれば良いかを考えます。

なので漠然と考えていては、1日1時間勉強するのか、また

1日30分でよいのかがわからなくなってきます。

なので、あくまで試験を受ける本番から

逆算してスケジュールを決める必要があります。

コバッチ

自分にあわしたスケジュールと
比較してみていってね



おおまかな目標を決める

筆記試験の合格基準は60%以上なので

大まかな目標は、

7月中には過去問題の正解率は80%を目標にする

6月中は過去問題の正解率は60%を目標とする

5月中は過去問題の正解率は20%を目標とする。

といった感じで、大まかに目標を立てます、

大まかな目標に達していないときには、

具体的な目標で修正していく必要はあります。

コバッチ

おおまかな目標なので、
細かくなくていいよ



具体的な目標を決める

次に大まかな目標が決まれば、つぎは具体的な目標を決めていきます。

7月中には過去問題の正解率は80%を目標にしているので、

得も角にも、過去問題をこなしていく必要があります。

なので、7月中は1日必ず過去の試験問題を必ず解く必要があります。

6月中は過去問題の正解率は60%を目標にしているので、

ある程度試験問題の内容を理解している必要があります、

またこちらは100%ではなく60%なので

下地作りとも言えます、

過去問題にふれ、間違った箇所を正しく理解することが

一番大事になってきます。

なので過去問題をひたすらにやるのではなく、

6月はじっくり間違った問題に対して向き合う期間になります。

5月中は過去問題の正解率は20%を目標にしましたので、

試験問題になれることが必要です、

なので、過去問題をテキストを使いながら解いていくという

いわば試験問題に慣れていく期間になります。

まずは無理しないよう程度に、

5月は勉強をする体づくりをつくるともいえるでしょう。

コバッチ

自分に合ったペースで
具体的な目標を決めよう



図解にて説明

図解で説明するとこんな感じになります。

コバッチ

図解にするとわかりやすいね

みなさまが受ける試験の日程に合わせて、

少しでも役に立てればうれしく思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

電気工事士歴10年以上|年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績から得た知識でお家の電気についてわかりやすく解説しています。
お家の電気工事|電力会社の比較|電気代を安くする方法|光回線の情報を常にアップデート。

記事の内容