「誰でもできる通信速度を改善・対策する7つの方法」通信速度が遅くなる理由や原因

こんな方にお役に立てる記事
  • 動画やネットをサクサク見たい
  • 通信速度を改善したい
  • 簡単にできる方法を知りたい
  • 通信速度を良くしたい
  • 原因を知りたい

通勤・通学やお家で必ず触れるパソコンやスマホ・タブレットなどの通信端末でネットをみるときにイライラすることはないでしょうか。

普段ネットやYouTube、SNSを見ているときに「なぜか通信速度が遅い」そんなときに誰でもできる簡単な通信速度を改善する方法があります。

通信速度が遅い原因には必ず改善する解決方法があり、動画が読み込めない、SNSが更新されないなどのストレスから解放されましょう。

早く教えて
この記事の結論
  • PCの設定変更、スマホのアプリを閉じる
  • 通信距離を近くする
  • ルーター・Wifi・通信端末を再起動
  • 高速ウェブブラウザを使用する
  • 通信容量データを購入する
  • 通信制限がある時間帯を避ける
  • 通信環境を見直す
  • 電気工事士歴10年以上
  • 光回線工事経験者
  • リモートワークで通信速度に悩み光回線の勉強を開始
  • 光回線で通信速度を改善
  • その経験を初心者の方に分かりやすく解説
筆者の情報
コバッチ

運営者プロフィール・Twitter(@cobacchi_blog

記事の内容

通信速度が遅くなる症状

通信速度が遅くなると感じるときにはいくつかの症状が現れます。

  • ロード中で動画が始まらない
  • アプリを起動しても立ち上がらない
  • ネットにアクセスできない
  • 画像を読み込まない
  • SNSなどが更新されない

これらの症状がおきたときには、通信機器の不具合や環境が原因でなかなか動画や画像・SNSを利用したいのに、できないストレスでしかありません。

新人くん

すごくイライラします!

面倒なのが原因がいくつかあるのでどれに当てはまるかは人それぞれの通信環境や利用端末によって大きく異なります。

使用している端末の通信速度を確認しよう。

動画を見たい人・SNSを見たい人・ゲームやアプリをしたい人それぞれで理想的な通信速度があります。

まずはあなたが使っている利用端末(パソコン・スマホ・タブレット)の通信速度を理想的な通信速度であるか確認してみましょう。

お使いの利用端末の通信速度を簡単に計測するにはインターネット回線の速度テストで通信速度を数秒で測定することができます。

コバッチ

今の通信速度を測ってみてね!

誰でもできる通信速度を改善する7つの方法

通信速度が遅くなる原因は使用しているパソコン・スマホやルーターWifiなど様々な理由が考えられますが、専門用語で説明されていたり、知らない言葉で説明されるとそっとネットを閉じてしまいます。

「誰でもができてすぐに効果がある」通信速度を改善できる7つの方法をご紹介していきます。

7つの改善方法で直らない場合には、具体的に「Youtube 動画がみれない」など症状にあった検索で調べることをおすすめします。

①パソコンはパフォーマンスを優先する設定にする、スマホはアプリを閉じる

実は通信速度は問題ないのに、パソコンのソフトウェアが多く起動していてパソコンが重く動かない場合やスマホでは多くのアプリを起動していて動画やSNSなどが読み込むのが遅い場合があります。

パソコン・スマホの動作が遅い場合には通信速度を見直す以前に「パソコンやスマホの動作改善」を第一に優先して直しましょう。

パソコンの改善方法

  • 使用していないブラウザを閉じる
  • 不要なファイルを削除する
  • パフォーマンスを優先に設定する

スマホの改善方法

不必要なアプリを閉じることで、スマホの動作が快適になり通信速度を改善することができます。

iPhoneの場合は、アプリ(App)を閉じる方法はAppleサポートでシリーズごとにアプリを閉じる方法を解説しています。

Androidの場合は基本的に使うたびに、アプリを閉じる必要はありませんが、あまりに動画やSNSなどの読み込みが遅い場合にはAndroidスマホでアプリを終了する2つの方法で閉じるようにしましょう。

②ルーター・Wifiと使用する端末(PC・スマホ)の距離を近くする

今あなたが使用しているパソコンやスマホの通信方法として、ルーターやWifiを通じてネットを利用する方法があります。

ルーターとWifiはどちらも「ネットをつなぐ中継器」ですが、少し機能に違いあります。

主な役割機器本体に
通信機能
ルーター光ケーブル・電話線
とネットをつなぐ
中継器の役割
ない
Wifi通信機能がない
パソコン・スマホと
ネットをつなぐ
中継器の役割
ある

ルーター・Wifiどちらもネットにつなぐための大切な役割があり、電子レンジやコンクリート壁などが通信障害の原因であり、使用するパソコンやスマホからルーター・Wifiと距離が遠い場合には「距離を近くして電波障害が減らしましょう」

③ルーター・Wifiやパソコン、スマホの再起動

ルーター・Wifiとパソコン・スマホの距離を近くしても改善しない場合には、それぞれの端末がなにかしらの不具合が発生して、通信を受け付けていない場合があります。

その場合には対処法としてルーター・Wifi・パソコン・スマホの「再起動を試してみましょう」

ルーターの場合は、ルーター本体に再起動ボタンがある場合はボタンを長押しや押すと再起動します、再起動ボタンがない場合には、一旦電源アダプターを抜く方法があります。

Wifi・パソコン・スマホはお使いの機器によって再起動の方法が異なるので[○○ 再起動]○○には使用している機器名を入力して検索して、再起動を掛けてみましょう。

④高速ウェブブラウザを使用する

ネットでGoogleやYahoo!で調べものを検索したときに、ネットの読み込むのが遅い場合には使用する「高速のウェブブラウザ」を使用しましょう。

「ウェブブラウザ」とは、インターネットのサイトに接続するためのソフトのこと。

日本でインターネットに接続する場合には「Internet Explorer(IE)」「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Safari」などいずれかのウェブブラウザを使用してネットに接続しています。

パソコンではWindowを使用している人は、最初からインストールしているMicrosoft Edgeを利用している人が多く、スマホではiPhoneが最初からインストールしているSafariを多く利用しています。

動作が遅い場合には使用しているウェブブラウザ以外のものを変更してみることで通信速度を改善することができます。

スクロールできます
ウェブブラウザパフォーマンスセキュリティおすすめ
ユーザー
製作会社

Internet Explorer


非推奨Microsoft

Google Chrome


Windows
Android
Google

Microsoft Edge


Windows
Android
Microsoft

Safari


Mac
iPhone
Apple
ウェブブラウザの比較

スマホの場合には「iPhoneの場合はAppStore」「Androidの場合はPlayStore」からダウンロードが可能です。

⑤通信容量データを購入するまたは契約プランの変更をする

スマートフォンの場合には、携帯会社で契約している通信容量を超えると低速通信に切り替わることで通信速度が遅くなります。

携帯会社に不足の「データ容量を購入」して通信速度を改善しましょう。

頻繁に通信容量が超えるときは、契約している容量プランと合っておらず、プランの見直しやデータ制限無料などの携帯会社に変更する必要があります。

1GBで利用できる目安

項目目安
LINEの通話時間音声通話:40時間
ビデオ通話:3時間
ネット動画の閲覧約4時間の再生
Youtubeの高画質動画約1.5時間の再生
サイトの閲覧約6,600ページ

無料Wifiを利用すれば通常通りの通信速度になりますが、無料Wifiはだれもが利用できるので利用する人が増えれば増えるほど通信速度が遅くなるので注意が必要です。

⑥通信制限がある時間帯を避ける

日本では大手携帯会社と呼ばれるキャリア4社「docomo,Softbank,au,楽天」の通信回線を使用してネットやSNSを利用しています。

通信回線は無制限に使用できず、多くの人がいっせいに利用して一定の容量を超えると通信制限がかかることから午前7時~9時、午後12時~13時、午後18時~22時の時間帯で通信速度が遅くなります。

「通信制限がある時間帯を避ける」のも1つの改善方法です。

新人くん

でも見たいときに動画やSNSを見れないなんで意味がないですよね?

コバッチ

そうだね!
だから通信環境を見直そう!

⑦通信環境を見直す

大手携帯会社で通信データ制限なしプランで契約する場合、一人あたり「約5,000円~7,000円」の携帯料金がかかります。

一人暮らしの方などは通信データ制限なしで充分に満足できる通信環境だといえますが、夫婦2人や家族がいる場合には、家の通信費で家族分をまかない、一人あたりの通信費を下げるのがおトク。

通信速度に悩む人には「通信制限なし」「通信速度が最速」「お家でネットが使い放題」の光回線「NUROひかり」がおすすめです。

とにかく通信速度が段違いに早い

光回線の通信速度(下り)は1Gbpsが目安なのに対して、NURO光は「2Gbps」の高速通信速度を実現。

現在利用している通信速度と比較するとすぐにその違いが分かるので、通信速度を測定してみよう。

ネットやSNS・動画視聴などもNURO光と比較すると問題なく使えて、快適な通信環境が揃います。

ソフトバンクならおうち割りの光セットでおトク

NURO光を導入して、オプションのNURO光でんわ(月額550円)を追加することで国内24時間通話料が無料になり、携帯電話がソフトバンクユーザーであれば月額最大1,100円割引になります。

ソフトバンクユーザーは実質無料で通話し放題になるので、電話をよくかける人にはおトクなセット割りと言えます。

定額の通信料にさらにキャンペーンをチェック

NURO光は通信料 月額定額「5,2000円(税込)」で大手携帯会社と比べて通信データ容量制限がないのが特徴で、家族みんな一緒に利用することができるので、通信費を抑えることができます。

項目NURO光を導入
(四人家族)
携帯データ制限なし
(四人家族)
お家の通信費5,200円
携帯通信費2,500円×4人
(3Gプラン相当)
6,000円×4人
(データ制限なし)
合計の通信費15,200円24,000円
1年間にかかる通信費182,400円288,000円
節約できる通信費年間「105,600円」節約できる

家族4人がデータ制限なしのご家庭と比べて、NURO光を導入して携帯料金プランを3Gに抑えることで「年間105,600円」の通信費を節約できます。

NURO光では工事費0円にする「43,000円」のキャッシュバックや「1年間の月額料金980円」になる1万円のキャッシュバックなどのキャンペーンを随時開催しているので導入したいと思っている人は必ずキャンペーンはチェックしましょう。


\もう通信制限・速度で悩まない高速回線NURO光/

通信速度が遅くなる7つの理由

通信速度が遅くなる原因は利用者によって様々な理由が考えれられ、その数は数百を超え通信という目に見えないからこそ原因がはっきりせず分かりにくい特徴があります。

理由は数多くあれど、多くの人が同じ症状で悩んでいることから「通信速度が遅くなるよくある7つの理由」をご紹介します。

①パソコン・スマホのソフトやアプリが通信速度を低下

動画やSNSを見るときに、画面が固まってしまってクリックやタップが反応しない場合には「通信速度ではなく動作が重くなっている」原因があります。

通信速度に問題がなくても、パソコンやスマホのデータ容量が少なくなっていることやアプリを同時に立ち上げていることで、動作するのが遅くなり、結果通信速度が遅くなる原因になります。

この場合には通信速度や環境を見直す前にパソコン・スマホの動作を改善する方法が最優先。

②電波障害

パソコンやスマホなどからネットに接続する方法として、ルーターやWifiに接続してネットにつなぐ方法があります。

ルーターやWifiには通信できる範囲に限度があり、ルーターやWifiから離れた場所で使用するときには通信速度が遅くなる原因の1つ。

またパソコンやスマホとルーターやWifiを接続する通信を妨害する「電波障害」があり、電子レンジやコンクリート壁などは電波を乱したり通しづらくなる原因なので、それらの電波障害をなくす改善方法が必要になります。

③ルーター・Wifi・使用する機器(デバイス)の不具合

ルーターやWifiなどの機器はスイッチのように入・切をせず常にONの状態のまま使用することで、ルーター・Wifi本体の熱やホコリが原因で不具合を起こしたり、通信ケーブルの不具合であったりが通信速度が遅くなる原因が考えられます。

また使用する機器(パソコン・スマホ・タブレット)なども持ち歩きをする場合には、常に通信環境が変化して対応できていない、設定がおかしいでの不具合が原因なのでルーター・Wifi・使用する機器の再起動をすると改善が見られます。

④通信速度が遅いウェブブラウザを利用している

ネットで検索する際にサイトを開くために必要なウェブブラウザの「ソフトウェアのパフォーマンスが遅い」場合があります。

昔からネットを利用している人には、聞いたことがある「Internet Explorer」はWindowのパソコンに最初から搭載されているソフトウェアで利用している人が多かったですが、時代が移り変わり高速ウェブブラウザも進化しています。

Internet Explorerはセキュリティ団体やGoogleから度々セキュリティに弱い指摘が上がっており、2022年6月にはサポート自体が終了するので通信速度のウェブブラウザに変更して改善しましょう。

⑤通信容量を超えた

スマホを利用する際には携帯会社と契約する必要があり、契約する料金プランに通信容量のデータ制限があります。

通信容量の料金プランの多くが「1G」「3G」「5G」通信データ容量が決まっており、動画やSNSなどを多く利用するとデータ容量が超え、通信速度が低速になるように設定されています。

自分にあった通信データ容量を知ることが大切。

項目データ容量の目安
1G
データ容量の目安
3G
データ容量の目安
5G
LINEの通話時間音声通話:40時間
ビデオ通話:3時間
音声通話:120時間
ビデオ通話:9時間
音声通話:200時間
ビデオ通話:15時間
ネット動画の閲覧約4時間の再生約12時間の再生約20時間の再生
Youtubeの高画質動画約1.5時間の再生約4.5時間の再生約7.5時間の再生
サイトの閲覧約6,600ページ約19,800ページ約33,000ページ

⑥通信制限を受けている

携帯会社との契約している通信量を超えた場合や、Wifiでのデータ通信量を超えた場合には契約している条件により通信制限を受けることがあります。

携帯会社の場合だと1か月の契約通信量がを超えた場合、オプションの通信容量を増やすデータチャージをしない限り、低速通信が1か月続くことになります。

低速通信になると、通信速度は「100kbps~1Mbps」となり、普段さくさく動画を見ている人にとっては高画質の動画などは途切れ途切れになり、見ているストレスがかかるレベルになります。

⑦通信環境に問題がある

携帯やWifiなどは無線電波を使用して通信しているので、使う環境によって電波が受けやすいところ、受けにくいところの通信制約があります。

携帯基地局がない場所や電波が入りづらい山奥や地下などで使用すると通信環境が悪くなります。

光回線などでは通信制限がなく、データ通信速度が無線のWifiなどと比べると33倍とストレスなく高速通信で快適な通信環境に変えることが可能です。

まとめ

スマホやパソコンでインターネットで動画やSNSを見るのは普段の生活の中に欠かせない当たり前の習慣になっています。

動画やSNSなどが見れないイライラをなくすために、まずは通信速度を改善する「簡単に誰でもができる7つの方法」をご紹介しました。

特に家族の人数が多い方や動画をみたりゲームを普段する方にとっては、通信環境を見直すことで快適な通信環境を手に入れることができるので、一度検討してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

電気工事士歴10年以上|年間工事の売上高平均1億円以上の施工実績から得た知識でお家の電気についてわかりやすく解説しています。
お家の電気工事|電力会社の比較|電気代を安くする方法|光回線の情報を常にアップデート。

記事の内容