雑記ブログ

テスト

こんな方にお役に立てる記事

  • ホームセキュリティってなに?
  • セコムとアルソックの違いは?
  • レンタルと買取の違いが知りたい
  • どちらがおトクか知りたい
  • サービスの差があるか知りたい

新築の戸建て住宅やマンションに引っ越す際にお家のホームセキュリティー(防犯)対策として警備会社に依頼する方法があります。

「留守中のお家が心配」「防犯対策をしたい」「以前も利用したので利用したい」

そこで警備会社を選ぶ際にどこが選べばよいかの疑問に「セコム」「アルソック」の大手2社が必ず候補に挙がります。

大手2社を費用・サービス面などを比較してどちらがおトクかを徹底比較していきます。

筆者の自己紹介

この記事の結論

  • サービス面での差はあまりない
  • 費用面は戸建て住宅の場合「アルソック」がおトク
  • マンション、オフィスの場合は「セコム」がおトク
  • 待機場所はお住まいによっては差がない
  • 補償・保険を充実したい人は「セコム」

h2 ホームセキュリティ(防犯)サービスとは

ホームセキュリティとは、在宅中や留守中のご自宅から不審者や強盗から守る(警備)また火災を事前検知のしてご自宅を守るサービスのことを指します。

主に自分で設置する場合と警備会社と契約する2つがあります。

【自分で設置する場合】ご自宅に監視カメラや感知器を取付、防犯や火災が起きる万が一に備えることができます。

【警備会社と契約する場合】ご自宅に警備会社のセンサーを取付、不審者の自宅への侵入、火災検知などを検知して警報を鳴らし、警備会社に自動通報され警備員が駆け付ける

近年の侵入・強盗発生件数は57,808件となっており(警視庁公表データ)一戸建て住宅が約半数を占めています。

旅行の留守中や事前に下調べをした空き時間などを狙う場合が多く、ホームセキュリティーを導入する決め手になっています。

一覧表

セコム、アルソック以外の警備会社の場合、待機場所の数が非公開が多くホームセキュリティーという面で見た場合は、すぐにご自宅に駆けつけてくれるところを注目するべきです。

h3 共通のホームセキュリティサービス

ホームセキュリティサービス(防犯)の内容は「セコム」「アルソック」も同じサービスを提供しています。

共通のホームセキュリティサービス

  • 窓・扉周りの防犯センター
  • 空間センサー(戸建てのみ)
  • 火災センサー
  • 非常ボタン
  • ガス漏れ・救急通報サービス(オプション)

共通してお家にインターネットや電話回線がなくても設置可能なサービスです。

窓・扉周りの防犯センター』

扉や窓にセンサーを取付、不審者による留守中のお家の窓や扉からの侵入を感知し、警備員がお家に駆けつけます

『空間センサー』(戸建てのみ)

リビングや部屋にセンサーを取付、不審者の侵入に感知し、警備員がお家に駆けつけます。

『火災センサー』

キッチンなどに火災センサーを取付、火事になる前に未然に検知し、警備員がお家へ駆けつけます。

『非常ボタン

体調不良や緊急時に非常ボタンを押すことで、警備会社に連絡がいき、警備員がお家に駆けつけます。

『ガス漏れ』『救急通報サービス』

オプションサービスとして、ガスを検知するセンサーや外出先などでの緊急通報ができるサービスなどがあります。

h3 ホームセキュリティの導入の流れ

実際にお家に導入したいと思った際にどういった流れで導入していくかを説明します。

 STEP1 まずは警備会社の公式HPから資料請求または問い合わせを行い、導入したい旨を伝えます。

 STEP2 実際のお家に合ったホームセキュリティープランを警備会社と話し合い、具体的に費用を決めていきます。

 STEP3 プラン、契約が済むと次にセンサー取付を行う設置工事を行います。事前に工事のための調査に入ることもありますが、工事自体は1日で済むことが多いです。

 STEP4 工事が完了すると取扱説明を受けて、その日から警備が開始されます。

料金の支払い方法は2社とも共通して『銀行口座からの振替』『クレジットカード払い』になっています。

h2 費用面の比較

次に費用面での比較をしていきます。

セコム・アルソックの2社ともに料金プランに『レンタルプラン』『買取プラン』という料金形態をとっています。

さらにアルソックだけの料金プランにあるのが『ゼロスタートプラン』になります。

レンタルプランの特徴

『レンタルプラン』では警備会社からセンサーなどの取付機器をレンタル(借りる)ことで機器代の費用を抑えることが可能になります故障などに対して交換などを行ってくれます。

買取プランの特徴

『買取プラン』では警備会社から取付機器を買い取ることで、最初に費用が高くなりますが、長期間で見るとトータルにかかる費用が安くなります。

ゼロスタートプランの特徴

『ゼロスタートプラン』はレンタルプラン、買取プランで発生する工事費用・機器レンタル代などを全て合わしたプランになります。初期導入費を安く抑えれる特徴があります。

h3 戸建て住宅での比較

戸建て住宅での「セコム」「アルソック」の料金の比較を見ていきます。

セコム買取プラン月額費用4,950円~工事費・機器代384,780円~保証金なし保証期間10年間5年後に
かかる費用683,780円10年後にかかる費用978,780円

セコムレンタルプラン月額費用7,590円~工事費・機器代63,800円~保証金20,000円保証期間交換・修理費
無料
5年後にかかる費用539,200円10年後にかかる費用994,600円

アルソック買取プラン月額費用3,740円~工事費・機器代228,250円~保証金なし保証期間10年間5年後に
かかる費用452,650円10年後にかかる費用677,050円

アルソックレンタルプラン月額費用6,853円~工事費・機器代48,000円~保証金なし保証期間交換・修理費無料5年後にかかる費用459,180円10年後にかかる費用870,360円

アルソックゼロスタートプラン月額費用7,667円~工事費・機器代なし保証金なし保証期間交換・修理費無料5年後にかかる費用460,020円10年後にかかる費用920,040円

結論

  • 5年間使用する場合だと初期導入費が抑えられるアルソックの『ゼロスタートプラン』がおトクに
  • 10年以上使用する場合アルソックの『買取プラン』がおトクに

h3 マンション・集合住宅での比較

マンション・集合住宅での「セコム」「アルソック」2社の料金の比較を見ていきます。

セコム買取プラン月額費用3,300円~工事費・機器代167,750円~保証金なし保証期間10年間5年後に
かかる費用365,750円10年後にかかる費用563,750円

セコムレンタルプラン月額費用4,730円~工事費・機器代47,300円~保証金20,000円保証期間交換・修理費
無料
5年後にかかる費用351,100円10年後にかかる費用614,900円

アルソック買取プラン月額費用3,300円~工事費・機器代176,660円~保証金なし保証期間10年間5年後に
かかる費用374,660円10年後にかかる費用572,660円

アルソックレンタルプラン月額費用5,753円~工事費・機器代35,200円~保証金なし保証期間交換・修理費無料5年後にかかる費用380,380円10年後にかかる費用725,560円

アルソックゼロスタートプラン月額費用6,347円~工事費・機器代なし保証金なし保証期間交換・修理費無料5年後にかかる費用380,820円10年後にかかる費用761,640

結論

  • 5年間使用する場合だと初期導入費が比較的抑えられるセコムの『レンタルプラン』がおトクに
  • 10年以上使用する場合セコムの『買取プラン』がおトクに

h3 住宅兼オフィスでの比較

住宅兼オフィスでの「セコム」「アルソック」2社の料金の比較を見ていきます。

セコム買取プラン月額費用5,830円~工事費・機器代469,260円~保証金なし保証期間10年間5年後に
かかる費用819,060円10年後にかかる費用1,168,860円

セコムレンタルプラン月額費用9,570円~工事費・機器代93,040円~保証金20,000円保証期間交換・修理費
無料
5年後にかかる費用667,240円10年後にかかる費用1,241,440円

アルソック買取プラン月額費用4,730円~工事費・機器代678,150円~保証金なし保証期間10年間5年後に
かかる費用961,950円10年後にかかる費用1,245,750円

アルソックレンタルプラン月額費用12,815円~工事費・機器代199,210円~保証金なし保証期間交換・修理費無料5年後にかかる費用968,110円10年後にかかる費用1,737,010円

アルソックゼロスタートプラン月額費用16,137円~工事費・機器代なし保証金なし保証期間交換・修理費無料5年後にかかる費用968,220円10年後にかかる費用1,936,440円

結論

  • 5年間使用する場合だと初期導入費が比較的抑えられるセコムの『レンタルプラン』がおトクに
  • 10年以上使用する場合セコムの『買取プラン』がおトクに

h2 その他サービスでの比較

冒頭に紹介したようにセコム・アルソックも同じようなサービスを提供しておりサービスでの差はあまりないといえます。

ここでは以下の3つで比較します。・「解約金の比較」・「被害の補償の比較」・「警備員待機場所の比較」

h3 解約金での比較

ホームセキュリティーの契約期間は5年間でその後1年間ごとの更新というのが基本になっています。

5年間を超えると解約料金は発生しません、ですが5年間を経たずに解約する場合に解約金が発生します。

セコムの解約金

  1. 保証金(レンタルの場合20,000円)
  2. 撤去工事費1万円~2万円
  3. (月額の1/5)×契約期間の残存契約期間月数

アルソックの解約金

  1. 撤去工事費1万円~2万円
  2. 契約期間の残存契約期間月数

【契約料金】レンタルプランとする

  1. 月額費用7,590円
  2. 初期費用63,800円
  3. 保証金20,000円

【解約金】4年目で解約した場合(残り12カ月)月額費用の1/5:1,518円(=7,590×0.2)

  1. 残月分18,216円(=1,518×12ケ月)
  2. 保証金20,000円
  3. 撤去工事費10,000円~20,000円

合計約58,216円が解約費用。

h3 被害の補償の比較

警備会社と契約していても、警備会社が駆け付けるまでに家のものを盗まれるまたは壊されることもあります。

大手2社との差に被害の補償の差がこちら

セコム 現金・貴金属の補償50万円家財の補償200万円災害見舞金100万円まで

アルソック 現金・貴金属の補償なし家財の補なし災害見舞金10万円まで

災害見舞金とは火災や盗難の被害にあった場合に、被害を受けた方を支援するために送られる金銭のこと。

h3 警備員待機場所の比較

ご自宅で不審者の侵入・火災の検知などがあった時に警備会社がすぐに駆け付けることは重要になります。

警備員の待機場所の比較をみていきます。

セコム待機場所の数(全国)2,700か所セコム待機場所の数(全国)2,400か所

セコムとアルソックの警備員の待機場所の数の差は3,000か所の違いになります。

警備員の待機場所の3,000か所の差があってもご自宅の近くに警備員の待機場所がないと意味がありません。

ご自宅からGoogleマップなどで「近くの〇〇」で検索してみましょう

(○○にはホームセキュリティ会社の名前を入れて検索)

h2 まとめ

まとめ

  • サービス面での差はあまりない
  • 費用面は戸建て住宅の場合「アルソック」がおトク
  • マンション、オフィスの場合は「セコム」がおトク
  • 待機場所はお住まいによっては差がない
  • 補償・保険を充実したい人は「セコム」

ホームセキュリティ大手2社のサービスと費用を比較してみました。

サービス・費用・補償など気になる部分を比較検討することで2社の差が違ってきます。

ABOUT ME
cobacchi
ご覧いただきありがとうございました。 みなさまのお役に立てるような 電気や生活に関することを発信するサイトになります またよかったら見にきてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA