役に立つツール

DIY 電気工具~電気工事 専門工具~【プロの職人が使っている物】

こんな方にお役に立てる記事
  • 電気工事道具が知りたい
  • プロが使用しているものはどんなもの?
  • DIYで電気工事をしたい
  • 電気工事でみんなが必ず持っている物は?
コバッチ
コバッチ
どうもー
電気工事士コバッチです

今回DIY 工具の紹介は、

電気工事を専門にする方

使用しているものを

ご紹介します

もしかするとご家庭でのDIYでは

使用しないかもしれませんが

工具を見るのが好きな方や、

電気工事をしている方などにも

見ていただける記事になります。

ご紹介するものはこちら
  1. 充電式ハンマードリル パナソニック
  2. ムキチョッパ TAJIMA
  3. ムキソケ TAJIMA
  4. 通線ワイヤー ジェフコム
  5. ジョイント釣り名人スリム
コバッチ
コバッチ
では見ていきましょう



充電ハンマードリル Panasonic EZ7881

充電ハンマードリルとは、

コンクリート、デッキプレートなどの

穴を開けるために使用する工具になります

電気工事をする方は

必ずもっている工具になります、

今回ご紹介する

ハンマードリルでは、

ドリルの先に吸入口が

ついており、粉塵を

吸い取ることが可能な

ところがおすすめです、

上向きでも下向きでも

吸引してくれます。

コバッチ
コバッチ
掃除をする手間が省けて
効率アップ間違いないよ

Panasonic EZ7881

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら




ムキチョッパ TAJIMA DK-MC40

こちらは電気工事をする方には、

ようやく出てくれたかといった商品でした

こちらは何の商品かというと

必ず使用する電線CVTケーブルを

簡単に剥ける道具になります

CVTケーブルは大容量の電流を

流すときに用いるので、

必ずどの建物でも使用します。

CVT電線を剥くのは、

電工ナイフ、カッターナイフで

剥いていたのですが、

なにせ手間がかかる、かかる

なのでこちらの商品が出たときは、

こういう商品が

欲しかったという商品になります、

CVT電線を剥くのが

簡単にできる工具になります

これで作業効率が上がることは

間違いありません。

コバッチ
コバッチ
この商品が出たときは
「やっとでたー」と
みんなで言ってました。

TAJIMA DK-MC40

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら




ムキソケ TAJIMA DK-□□

こちらの商品も引き続き

待ってましたの工具になります、

先ほどご紹介したのは、

手作業でCVTケーブルを

剥く必要があるのですが、

量が多ければやはり重労働

電動工具で剥ける

それがムキソケになります、

こちらは電動ドリルに

装着できるので、

電動ドリルは必要に

なりますがお持ちであれば、

電動ドリルの

ビットと合いますので、

楽々CVTケーブルを

剥くことが可能です。

コバッチ
コバッチ
一回使ってみたら
もう病みつき
カッター、電工ナイフには
戻れない

CVTのサイズによって、

□□の部分は

選んでもらう必要がありますので、

購入する際はご注意ください。

ご紹介しているのはCVT14になります

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら




通線ワイヤー ジェフコム J3T-5070-50MJ

通線ワイヤーとは、電気工事で

使用するPF管(樹脂管)やFEP管等に

電線を入れるために

使用する工具になります、

電線管の中は空っぽなので、

PF管やFEP管などに一度通線ワイヤーを入れ

電線を縛り付け、

引っ張って管の中に電線を取り込みます。

こちらの良いところは、

10mごとに

通線ワイヤーに色がついており

電線を通すときに、

あらかじめの長さが

わかるので、

電線を無駄にしないところが

おすすめポイントになります。

コバッチ
コバッチ
通線ワイヤーは
いろんな種類が
あったんだけど
距離が測れるタイプは
意外になかったんだ
コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら
紹介している商品とは
違うので、
どうやって使うかを
見てください




ジョイント釣り名人スリム JF-305

こちらについては、

狭い隙間(壁・天井)等で

電線だけを通すときに

使用すると便利な工具になります、

1mの分割式で、

最大5m

または10mまで延長でき、

またロッド本体はある程度の

柔らかさと芯を

もっているので、狭い場所に

電線だけを通すと電線が

曲がって、入らないときに

ジョイント釣り名人スリムを

使用すると

スイスイ入っていくので、

非常に便利な工具になります。

コバッチ
コバッチ
こちらも電気工事を
している方は必ず
持っている道具だよ

出典元:ジェフコム株式会社



最後に

今回は電気工事を

専門する方向けへの紹介記事になりました、

Part6を作成しているので、

1記事5個ご紹介しているので、

30個の電気工具を紹介してきましたが、

まだまだありますので、

今後もご紹介記事を書いていきます。

ABOUT ME
cobacchi
ご覧いただきありがとうございました。 みなさまのお役に立てるような 電気や生活に関することを発信するサイトになります またよかったら見にきてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA