役に立つツール

DIY 電気工具~ドライバー特集編~【プロの職人が使っている物】

こんな方にお役に立てる記事
  • 電気工事道具が知りたい
  • プロが使用しているものはどんなもの?
  • DIYで電気工事をしたい
  • ドライバーの種類が多くてわからない
  • 最新の工具はどんなものがある?
コバッチ
コバッチ
どうもー
電気工事士コバッチです

さて定番の記事になってきました、

電気工具になります、

今回はドライバー

焦点をあてて

私が使用して便利だったものを

ご紹介します。

こんな時に便利
  1. ネジ山がつぶれてしまった
  2. ネジが大きくてドライバーが合わない
  3. 狭い所でドライバーが入らない
  4. ドライバーの締付が手作業で腕が疲れる
  5. ネジ山がつぶれたときの最終兵器
コバッチ
コバッチ
よってらっしゃい
見てらっしゃい
ご紹介するものはこちら
  1. VESSEL メガドラインパクタ
  2. VESSEL スーパークッションドライバー
  3. VESSEL クッションドライバースタビータイプ
  4. VESSEL 220USB
  5. ネジザウルス



VESSEL メガドラインパクタ

こちらのドライバーのおすすめ点は

普通のドライバーと違い

つぶれたビスのネジ山、

またさび付いたネジなどの

回せなくなったネジ山を

ドライバーの柄の部分を

ハンマー叩きネジ山を

作り出して

簡単に緩めることが

できるものになります。

VESSEL 

メガドライパクタ

コバッチ
コバッチ
ネジ山をつぶしてしまうと
取り返しがつかないこともあるから便利

新人のころはビスのネジ山を

よくつぶしてしまって

どうしようもないということが本当に

良くありました、

いまでもすることがあります。

これがあると本当に便利です、

ネジ山をつぶれた専用ではなく

普段のドライバーとしても、

もちろん使用できます。

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら




VESSEL スーパークッションドライバーNO.700+3

こちらについては、

ドライバーの大きいビスに用いる

大ドライバーといわれるものです、

こちらがなぜ必要かというと

M4、M5、M6などのサイズのビスであれば

どのドライバーでも問題なく使えますが、

それ以上に大きいサイズの

ビスM8,M10等であれば

普通のドライバーでは

ネジ山が合わなくなり、

ビスのネジ山が

つぶれるからです

なのでこちらの

大ドライバーを使用します。

VESSEL 

スーパークッションドライバー

NO.700+3

個人的に柄のグリップに力を加えやすく

締めすぎたビスを緩めるのに

便利だったのでお勧めです。

大ドライバーでは

M4,M5,M6などに

ビスには使えないので要注意

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら




VESSEL クッションドライバー(スタビ―タイプ)

こちらのドライバーは

ダルマとよばれるドライバーで

使用目的は

柄の長いドライバーでは入らない、

隙間がないところに、

柄が短く太い構造の

ドライバーになります。

VESSEL 

クッションドライバー

(スタビータイプ)

コバッチ
コバッチ
値段も安いし、
もっておいて損はないよ

そんなの必要ないよ

とか思うかたも

いらっしゃるかもしれませんが、

家具、窓のサッシなどの

なぜこんなところに

ビスがあるの??

ドライバーが入らないよっ

いうことがあるんです。

なので持っておいて損がないのが

こちらのドライバーになります。

コバッチ
コバッチ
紹介している
製品ではないですが
似たタイプになる、
ご参考動画はこちら




VESSEL 220USB-1

以前にもご紹介しましたが、

以前はマキタの充電式ペンドライバーが

メインだったので、

今回改めてご紹介します。

VESSEL 220USB-1

こちらについては、

電動ドライバーになりますので、

仕事効率がアップが

見込めるのもそうですが、

USB充電で家でも、

車でも充電可能、

パワーはペンドライバーと

比べて少し弱いですが、

DIYを使用するのには

そこまでのパワーは

必要ないと思いますので、

こちらで十分だと思います。

また軽量という点も

おすすめポイントです。

コバッチ
コバッチ
最近ホームセンターでも
よく見かけるね



株式会社エンジニア ネジザウルス

ホームセンターなどで

見かけたかたも

いらっしゃるかもしれません、

ドライバーと少し違うのですが、

ドライバーを使用して

ネジ山がつぶれてしまい、

先ほどご紹介した

メガドラインパクタ ドライバーでも

どうしようもないときの最終兵器が

ネジザウルスになります。

株式会社エンジニア ネジザウルス

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら

こちらは形状はペンチと

同じ形状になり、

最大の特徴のネジを

つかむ部分

タテ溝形状になっており

ネジをがっちりホールドし、

ネジ山関係なく

ネジの頭だけを回して緩める

というものになります。

コバッチ
コバッチ
ネジザウルスで
無理だったら
あきらめるしかないね



最後に

今回はドライバーに焦点を当ててみました、

電気工事は本当に

多岐にわたる工具があるので、

ぜんぶそろえるといくらお金が

あっても足りません、

なので、自分が必要な分を選択して

みつけてみてください。

ABOUT ME
cobacchi
ご覧いただきありがとうございました。 みなさまのお役に立てるような 電気や生活に関することを発信するサイトになります またよかったら見にきてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA