役に立つツール

DIY 電気工具~電気工事 専門道具2~【プロの職人が使っている物】

こんな方にお役に立てる記事
  • 電気工事道具が知りたい
  • プロが使用しているものはどんなもの?
  • DIYで電気工事をしたい
  • 最新の電気工具が知りたい
コバッチ
コバッチ
どうもー
電気工事士コバッチです

DIY 電気工具をご紹介する

Part7になりました。

少し電気工事に専門的なものが

多いですが、DIY等で

使用すると便利なものも

ありますので、

今回もご紹介していきます。

ご紹介するものはこちら
  1. 全ネジカッター パナソニック
  2. ケーブルカッター ジェフコム
  3. 充電ケーブルカッター パナソニック
  4. バンドソー マキタ
  5. ブロワ マキタ
コバッチ
コバッチ
今日も見ていきましょう



Panasonic 全ネジカッター EZ45A9

こちらは充電式の全ネジカッター

機器を天井に吊り下げるのに

必ず使用するのが寸切りボルト

その寸切りボルトを簡単に

切断してくれる電動工具になります。

寸切りボルトの切断できる

サイズはW3/8、

別売りの純正刃を購入すると

W1/2も切断可能

・ネジ山が沿って

 切断することにより

 バリが出さずに切断できる点

・天井から吊り下げている

 寸切りも最小

 25mmで切断可能

・6cm~12cmまでの

 メモリがついているので

 切断する寸切りに

 目印をつける必要がない点

コバッチ
コバッチ
これがないと
電気工事の仕事は
できないと
いっていいです

Panasonic EZ45A9

マキタの充電器をお持ちの方は

マキタの全ネジカッターもおすすめ

マキタ SC102DZK

(バッテリーなし)本体のみ

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら

ジェフコム デンサン ラチェットケーブルカッター

こちらは太いケーブル、

電気工事では幹線を切断する際に

使用する手動での

ケーブルカッターになります、

のちにご紹介します、

電動ケーブルカッターとは違い、

そこまで切断する量がない時には、

手動のほうが早い場合もあります

・グリップがしっかり

 しているので、力が

 入れやすく切断しやすい

・携帯しやすいサイズ

コバッチ
コバッチ
ニッパーでは切断するのに
苦労するケーブルの
切断に使用します

ジェフコム デンサン 

ラチェットケーブルカッター

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら

充電ケーブルカッター Panasonic EZ45A7

こちらは先ほどご紹介した手動の

ケーブルカッターの

電動バージョンになります

やはり太いケーブルが多いと、

手が疲れてきますので、

そこではやはり電動での

ケーブルカッターがあるとないとでは

作業効率が格段に違います。

・電動なので、

 なにせ楽々切断可能!!

・そして一番最初にご紹介した

 全ネジカッターの充電器が

 使用できるので充電器を

 それぞれで買う必要が

 ないのもおすすめ

Panasonic EZ45A7

(バッテリーなし)本体のみ

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら

充電式ポータブルバンドソー マキタ PB181DRGX

こちらの商品は今までは、

配管やケーブルラック、銅管を

切断するときには100V電源タイプの

バンドソーと呼ばれる

ものを持ち運びを行いその都度、

バンドソーの置き場所で

切断していた経緯があります、

しかしこちらに関しては、

太いサイズ以外の配管や

ケーブルラック、銅管などは

その場で切断可能にしてくれる

充電式バンドソーになります。

・充電式なので

 100V電源が不要

・マキタの工具を持っていると

 電池の使いまわしが可能

・持ち運び可能なので、

 切断したい場所で切断できる

・切断面を照らしてくれる

 ライトも搭載

マキタ PB181DRGX

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら

充電式ブロワ マキタ UB182DRF

充電式ブロワとは、

風を送りこんでサッシの掃除や、

落ち葉の掃除などで

ほうきで掃除難しいところを

風を送ることによりごみを飛ばしたり、

まとめたりできる電動工具になります。

洗車の水滴を飛ばすのにも役に立ちます。

・風量調整があり調整が可能

・付属のダストパックを

 使用すれば集塵機としても

 使用可能

・マキタの工具を持っていると

 電池の使いまわしが可能

マキタ UB182DZ

(バッテリーなし)本体のみ

コバッチ
コバッチ
参考動画はこちら

最後に

少し電気工事を専門にする方

向けの記事になってしましたが、

まだまだご紹介できる電気工具はあります

できればシリーズごとに

みなさまにわかりやすく

どれを見ればいいのかを

いずれまとめていきたいと

思っております

ABOUT ME
cobacchi
ご覧いただきありがとうございました。 みなさまのお役に立てるような 電気や生活に関することを発信するサイトになります またよかったら見にきてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA