仕事内容

電気工事士(作業員)メリット・デメリット

電気工事士には、作業員と管理者がいます

今回は作業員の

メリット・デメリットを記事にします。

どちらを目指すかでご参考になれば、

また自分には関係ないよという方は、

そういう世界もあるのかと

暇つぶしがてら

見ていただけると嬉しく思います。

ではまず結論から

作業員 メリット

①全国どこででも

 仕事ができる

②一人前になれば、

 自立も目指せる

③手に職がつく

④色々な職種に触れ、

 実力がつく

⑤定時に帰れる

作業員 デメリット

1、肉体労働である

2、年齢による不安

3、仕事への時間の

  調整が難しい

4、自立を望まなければ、

  いつまでも

  雇われの身のまま

5、給与上昇があまり望めない

コバッチ
コバッチ
では1つ1つ解説を簡潔にしていきます。



メリット 解説 1、全国どこででも仕事が可能

電気工事業界に限らず、建築業は常に

人材不足で、猫の手も借りたい状態が

続いています、そこで、

仕事ができる作業員ほど

心待ちにしている

企業は全国にあるます、

ゆえに全国どこででも

仕事をすることが可能です。

それには一人前になる必要はありますが、

それゆえに、

作業員は必要不可欠なのです

コバッチ
コバッチ
作業員の方がいないと
仕事が進まないよ

メリット 解説 2、一人前になれば、自立も目指せ

当たり前といえば、当たり前ですが、

一人前になると一人で仕事ができるように

なりますし、信頼できる仲間と

一緒に起業して、

電気作業員の会社を設立する

ことも可能ですし、

一匹オオカミのように人と仕事を

するのが煩わしいと思う人は、

一人で仕事をする人

も多々いらっしゃいます。

なので一人前になるまでには

時間がかかるのは事実としてありますが、

将来のことを見据えると

そういった目標を立てれるのも

作業員のメリットともいえます。

コバッチ
コバッチ
どの世界もスキルアップは望めるね

メリット 解説 3、手に職がつく

これはメリット1、2にも

共通することですが、

手に職がつくことほど、

職業においての強みが

はっきりしていることはありません。

体一つ、どこででも仕事ができる

わけですし自分への自信にもつながります

誰の代わりにも慣れない、

手に職をつけれる

というメリットは作業員の

つよみといえます。

コバッチ
コバッチ
大きな強みと言える武器をもとう



メリット 解説 4、色々な職種に触れ、実力がつく

電気工事というのは、

実は幅広い職種のことを指します、

受変電設備、避雷針設備、

自動火災報知設備、弱電設備

蓄電池設備、発電機設備、

太陽光設備、空調設備等

1つのことだけを

特化した人よりも、

色々な見識、知識をもって

仕事をできる人ほど、

信頼されるものはないでしょう。

そして、作業員というのは、

一番多く現場にでており、

一番多くいろんなものに

触れる機会があるといえます。

それを吸収し、自分のものにできたとき

また1つ作業員として、

かけがえのない人材になることは

言うまでもないと思います。

コバッチ
コバッチ
1つのことだけにとらわれず
広い見識をもつことが大切

メリット 解説 5、定時に帰れる

例外はありますが、

基本的に作業員の労働時間は

朝8時~夕方5時まで

と決まっています、

確かに残業、夜勤仕事が

全くないとは言えませんが、

ある程度決まった時間で働くという

メリットは管理者と違い、

約束された労働時間とも言えます。

スキルアップを望む人は、

次の日の用意であったり、

準備で上記の時間以外を

割いて仕事をする人は多くいます。

コバッチ
コバッチ
意外とここが一番大事だと思う人もいるね



デメリット 解説 1、肉体労働である

やはり作業員のメインは、

肉体労働ですので、

体力に自信がなく、

事務仕事をしたいと

いうかたにとっては

肉体労働というのは

デメリットといえます。

私も最初は作業員として働いていましたが、

ケガや病気などで仕事が

影響が必ず出る仕事である

ことは認識しておいたほうが良いです。

コバッチ
コバッチ
自分に合った
職業選択が必要

デメリット 解説 2、年齢による不安

こちらも肉体労働と

重ねっていることではありますが、

人間いつまでも、

健康で元気な人は少ないと思います、

60歳また現在は

70歳定年説も出てくる中、

肉体労働を長期間行うことの不安は

ぬぐえないと思います。

またこちらに関していえば、

私が管理者を目指すきっかけに

なった1つであるとも言えます。

コバッチ
コバッチ
いつまでも元気でいることは不可能だからね

デメリット 解説 3、仕事への時間の調整が難しい

基本的に作業員の方は

いつまでに仕事を終わらせてほしい、

といった

日程に追われながら

仕事をすることになります

なので、良く耳にするのが

子供の運動会や、友人の結婚式、

参加できないことが少なからずあり

、また旅行の計画等が

立てづらいとも言えます。

ある先輩などは半年ほど先に

休みをとっておくといった人もいます。

こちらは定時に帰れるとはいえ、

時には、土曜日、日曜日にも

仕事をしないといけないときはあると

いうことはお伝えしておきます。

コバッチ
コバッチ
一生に一度かもしれない
行事は参加したいよね

デメリット 解説 4、雇われ身のまま

基本労働者は、雇われの身であり、

自分から仕事をとってくる人は自立し、

起業した方以外

ほとんどいらっしゃいません、

なので、会社の組織の中では、

ある程度の地位に立てるかもしれませんが、

そこそこの地位、または平社員で

終わることはよくあることです

一つの会社でずっといるという方に

とっては良いことかもしれませんが、

会社に帰属していなければ、

ならないというのは

ある意味1つのデメリットとも言えます。

コバッチ
コバッチ
色々な考えたがあるね

デメリット 解説 5、給与上昇があまり望めない

作業員というのは、実力をつけて、

一人前になるのは時間がかかりますし

また作業員はあくまで、

一人の作業員なので、

仕事ができる量は決まってきます。

なので、会社から評価が

しづらい点はあると思います。

例えば営業の方でしたら、

契約を多くとるとかの成果報酬であれば

目に見えて評価はされやすいと思いますが、

作業員は、そういった

わかりやすい評価がない分

給与上昇が見込みが

すぐには望めない

ということはデメリットに

なるかと思います。

コバッチ
コバッチ
すぐに給料を上げてほしいと思う人は
考えたほうが良いね
産業用 戸建

最後に

作業員を目指している方、

興味がある方にとっては

良い面、悪い面を実際目に

してきている私が語る方が

現実味があると思いますので、

また1つの意見として参考に

なればうれしく思います。

ABOUT ME
cobacchi
ご覧いただきありがとうございました。 みなさまのお役に立てるような 電気や生活に関することを発信するサイトになります またよかったら見にきてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA